奇襲で沸かせた宇良が取組後に思わず“呆然” 物言いの協議の結果に相撲ファンも「ポカーンだったなw」「そっちかーい」
番組をみる »

大相撲三月場所>◇七日目◇19日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 関脇・阿炎(錣山)が前頭筆頭・宇良(木瀬)を上手投げで下した。白熱の相撲で物言いがつく際どい勝負だったが、土俵上、審判団との協議の結果、行司軍配どおり阿炎が勝利を収めた。一方で審判長の説明を受けた宇良の表情に、視聴者からは「ちょんまげの方か」「ポカーンだったなw」といった声も寄せられた。

【映像】取組後に宇良が“ポカーン”となる瞬間

 立ち合いは踏み込まずに、1歩引いて後退し、相手の意表を突いた宇良。奇襲は成功したものの、そこから阿炎の強烈なもろ手突きに後退し、上手を取られて投げられた。軍配は阿炎に上がったものの、際どい結果に物言いがついた。

 土俵上で審判団との協議が行われると、審判長から「阿炎が“まげをつかんでいるのでは”という確認でありまして、結果阿炎はつかんでおらず、軍配通り阿炎の勝ちと致します」という説明があった。これを受け、宇良は呆然とした表情を浮かべ、ABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏も「その確認なんですね。まげをつかんでいるようなところがあったんですね。ちょっと確認したいですね」とコメントした。

 リプレイを見て、花田氏は「見えないところで髪に入ってるか」と確認した上で、「宇良は悔しいねぇ。阿炎の勢いを止めるには良い立ち合いだったんですけどね」とコメントした。

 視聴者も際どい勝負に物言いがついたと思ったのか、コメント欄には「ちょんまげの方か」「ポカーンだったなw」「そっちかーい」などといった声が寄せられていた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】取組後に宇良が“ポカーン”となる瞬間
【映像】取組後に宇良が“ポカーン”となる瞬間