あわや土俵下に転落…強烈なつっかけに館内騒然 「あらら」「あぶない」驚きの声
【映像】土俵際まで突き飛ばされた力士に館内騒然 »

大相撲三月場所>◇十日目◇22日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 前頭十枚目・志摩ノ海(木瀬)と前頭十七枚目・輝(高田川)の一番で、輝が強烈につっかけてしまい、突き飛ばされた志摩ノ海が危うく土俵下に転落しそうになる一幕があった。ヒヤリとする場面に館内騒然となり、視聴者からは「あらら」「あぶない」といった声が寄せられた。

【映像】土俵際まで突き飛ばされた力士に館内騒然

 1度目の立ち合いで強烈につっかけ、両手で相手の肩を押すように弾いた輝。蹲踞の姿勢のまま肩を押された志摩ノ海は、そのまま後退しながら土俵際で尻餅をつき、あわや土俵下に転落という展開に。館内からは大きなどよめきが沸き起こった。その後、2度目の立ち合いは成立。両者が頭からぶつかり合うと、押し込んでいく輝の攻めを志摩ノ海がいなし、志摩ノ海がとったりで6勝目となる勝ち星を挙げた。敗れた輝は6敗目を喫した。

 直前に立ち合い不成立の取組が続いていたこともあり、輝がつっかけると、ABEMAで解説を務めた元前頭の若ノ城は「今日は多いですね」とポツリ。取組が終了すると、若ノ城は「志摩ノ海は終始攻められているんですけど、ずっと膝を曲げて頭を下げていました」「粘り勝ちです」と、淡々と勝機を狙っていた志摩ノ海を称賛した。

 輝がつっかけてしまい、志摩ノ海が土俵下に転落しそうになるシーンに、視聴者からは「ドンッ!」「あらら」「あぶない」といった声が相次いで寄せられた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】土俵際まで突き飛ばされた力士に館内騒然
【映像】土俵際まで突き飛ばされた力士に館内騒然
「大丈夫だった? うん、大丈夫」宇良が見せた“咄嗟のハグ”にファン注目 土俵下に落下も衝突を回避 
「大丈夫だった? うん、大丈夫」宇良が見せた“咄嗟のハグ”にファン注目 土俵下に落下も衝突を回避