「悪役レスラーばりの出血量」→「え、もう止血?!」力士の額から出血でファンは2度驚き
【映像】みるみる出血が収まった若隆景 »

大相撲三月場所>◇十日目◇22日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 関脇・若隆景(荒汐)が関脇・阿炎(錣山)を寄り切って9勝目を挙げ、1敗を死守した。取組終了後、若隆景の額にはかなりの鮮血が見られ、視聴者からは「悪役レスラーばりの出血量」と驚きの声が聞かれた。その後、みるみる出血が収まったことを受け「血が止まるの早いな」「え、もう止血?!」など、再び驚きの反応が寄せられた。

【映像】みるみる出血が収まった若隆景

 新関脇同士の対決で初顔合わせとなった一番。立ち合い諸手突きで阿炎が攻めると、対する若隆景は相手の中に入ろうと画策。その後も阿炎が激しい突きを繰り出したが、これを巧くいなした若隆景は相手の胸に頭をつけて一気に前進し、寄り切って9勝目を手にした。敗れた阿炎は4敗目となった。

 勝負が決したあと、額からかなり出血した様子を見せていた若隆景。だが土俵下で力水をつける際、タオルで額を拭うと、その後出血は見られなくなった。

 白熱の取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元前頭の若ノ城は「阿炎の手が伸びる前に(若隆景は)しっかりと踏み込んでいきました」と一言。続けて「やっぱり若隆景は上手いですね」と称賛すると、「(阿炎が)諸手で来るのはわかっているので、手を伸ばされないようにしっかりと下からいきました」と分析した。

 若隆景の流血姿に、視聴者からは「うわ、血が…」「血だらけ」「流血マッチ」「プロレスかな?」「悪役レスラーばりの出血量」といった声が続出したほか、その後すぐに出血が止まった様子を受けて「止血しました」「え、もう止血したのか?!」「血止まるの早いな」とコメントするファンも相次いでいた。(ABEMA『大相撲チャンネル』)

【映像】みるみる出血が収まった若隆景
【映像】みるみる出血が収まった若隆景
あ、脚が…相手の異変に咄嗟の気遣い 力士の振る舞いに「優しい」「ほっこりした」
あ、脚が…相手の異変に咄嗟の気遣い 力士の振る舞いに「優しい」「ほっこりした」
あわや土俵下に転落…強烈なつっかけに館内騒然 「あらら」「あぶない」驚きの声
あわや土俵下に転落…強烈なつっかけに館内騒然 「あらら」「あぶない」驚きの声