谷井茂文が卓内トップ 今期から参加人数が4人増えて10人に/令昭位戦Aリーグ
番組をみる »

 麻雀プロ団体「RMU」のトップリーグ戦「令昭位戦」Aリーグ第1節(5人打ち)が4月9日に行われ、谷井茂文が卓内トップを取った。

【動画】松ヶ瀬隆弥はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」でもプレー

 今期から10人に増えてのリーグ戦となったAリーグだが、谷井は1回戦でラススタート。それでもすぐに切り替えると、1回の抜け番を挟んで、自身2戦目で2着、3戦目・4戦目では連続トップを取り、好調なスタートを切った。「今日は勉強してきたことの2、3割は出せたかなと思います。次は50点ぐらいを目指して頑張ります」と、さらなるポイントを目指していた。

【試合結果】

1位 谷井茂文 +45.7
2位 藤中慎一郎 +39.0
3位 白田みお +1.9
4位 松ヶ瀬隆弥 ▲11.2
5位 仲川翔 ▲75.4

 ◆令昭位戦Aリーグ RMU所属のトッププロ10人によるリーグ戦。年間12節、1人最大48半荘を戦い、最もポイントの高かった選手がその年の令昭位となる。
(C)麻雀プロ団体LIVEチャンネル

【動画】松ヶ瀬隆弥はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」でもプレー
【動画】松ヶ瀬隆弥はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」でもプレー
【動画】松ヶ瀬隆弥はプロ麻雀リーグ「Mリーグ」でもプレー