アイデンティティ・田島が野沢雅子モノマネの知られざる苦労話を告白 無理矢理声を出して「腸が飛び出ちゃった」
番組をみる »

 大物声優・野沢雅子のモノマネでブレイク。今では多くの番組に出演するアイデンティティの田島直弥だが、そのモノマネの裏にはかなりの苦労があるようだ。4月16日、「ABEMA BOATRACE CRUISE『六本木フレンドパーク』」にコンビで生出演した田島は、やはり野沢雅子スタイルで登場。すぐさまMCを務めるココリコ遠藤章造が「楽屋にいる時、丁寧に挨拶してくれたんだけど、最初は誰か分からなかった」とイジると、田島は「それ毎回、悩みなんだ」「後輩には変身前と変身後、2回挨拶される」とし、相方の見浦彰彦からは「(後輩に)同一人物だと思われてない」とのツッコミが入った。

【動画】野沢雅子のモノマネはかなりハード?芸人が証言

 そんな田島らと遠藤は「大きな番組で一緒になる」ことこそあったものの、「がっつり絡む」のは今回が初めてだそうで、すっかり田島の芸風に感心した遠藤がモノマネきっかけでルパン三世の声優に抜擢された栗田貫一を例に挙げ、田島が大好きだというドラゴンボールの声優を引き継ぐ可能性を予見すると、田島は「いやいや」と恐縮。加えて、「僕は男性なんで、野沢さんの声は無理矢理出してるくらい」と続け、思いのほか体に負担があることを告白した。

 曰く、女性である野沢雅子のモノマネはかなり喉を痛めるそうで、本人以上に「何回も声を壊してる」とのこと。しかも、先日は「脱腸になっちゃった」そうで、無理して声を出した結果、「喉を壊す前に腸が飛び出ちゃった」と説明すると、遠藤も「結構、大変やねんな」と知られざる苦労に驚きの様子だった。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

【動画】アイデンティティ・田島、野沢雅子モノマネのきっかけ
【動画】アイデンティティ・田島、野沢雅子モノマネのきっかけ
【動画】野沢雅子のモノマネはかなりハード?芸人が証言
【動画】野沢雅子のモノマネはかなりハード?芸人が証言