ついに解けた逆連対の呪縛 多井隆晴、念願トップで感極まる「少しうまく打てた」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 勝ち切った後は、込み上げる感情を抑えられなかった。プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズの開幕となる4月25日の第1試合、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が逆転トップを取り、昨期から7戦連続で逆連対を喫していたファイナルで、ようやく呪縛を解き放った。

【動画】苦しみの末に勝利を掴み感極まる多井隆晴

 この試合の対局者はKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、多井、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)の並びでスタートした。試合は堀が序盤から抜け出し、対する多井は東場はアガリなし。南1局1本場、13巡目にドラ表示牌の西待ち、七対子でリーチすると魚谷からアガり3200点(+300点)を獲得した。ようやく反撃の口火を切ると南2局の親番、3つ仕掛けて2索の単騎待ちでテンパイ。魚谷がマンズを集めてホンイツのテンパイ、そして佐々木がリーチと多井は絶体絶命に陥るが、これを見事にツモってホンイツ・南・白・赤の1万2000点が完成、起死回生の親満貫で堀に詰め寄った。

 こうなると多井の攻勢は止まらない。南2局1本場は魚谷のリーチを受けながら、多井は食いタンでアガリを目指す。難しい待ち取りを見事正解させ、タンヤオ・赤・ドラの6000点(+300点)を獲得し、ついに堀を捉えてトップに立った。続く2本場、魚谷のリーチに対して多井は東を鳴いてテンパイしているところ、不要牌のドラ1索を掴んだがひるまず勝負、貴重なテンパイ料を手に入れた。これに解説の渋川難波(協会)は「一番切りたくないところ、1索押しは凄かったなあ」と驚愕した。

ついに解けた逆連対の呪縛 多井隆晴、念願トップで感極まる「少しうまく打てた」/麻雀・Mリーグ

 決定打となったのは南3局1本場、8巡目にテンパイ即リーチして佐々木からロン。リーチ・タンヤオ・平和・裏ドラの8000点(+300点)で、持ち点は5万点に迫った。南4局は南をポン、魚谷から1000点をアガり、昨期から7戦連続で逆連対を喫していたファイナルで、価値ある勝利を得た。

 勝利者インタビューでは「開き直って、堀さんだけはマクろうと、気合いは入っていましたね」と試合を振り返り、魚谷のリーチをかわしてアガった南2局1本場については「怖かったんですけど、アガリに行かないとトップ取れないなと思って」と説明した。また南2局2本場、魚谷へのドラ1索を勝負した場面については「日和っちゃうとその後が続かないと思った」と説明、さらに「少しだけうまく打てました」と自画自賛した。

 昨期は最終盤に5連投しながらも、チームを優勝に導くことができなかった。「去年はふがいない結果で…。今年はそうじゃなく、チームの力、仲間を信じて、みんなで勝ちたいねという話をしていて、いい関係を築けている」と笑顔を見せた多井。メンバー4人全員で優勝を目指すという気持ちが、念願のトップを呼び込んだようだった。この勝利にファンは沸き「ないすぅ!」「ABEMAS優勝お願い致します!!!」「最高です ありがとう」「たかちゃんいいコメ!!」と、悲願の初優勝に向けて背中を押すコメントが多数書き込まれていた。

【第1試合結果】

1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)4万500点/+60.5
2着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 3万400点/+10.4
3着 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)2万4200点/▲15.8
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)4900点/▲55.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】苦しみの末に勝利を掴み感極まる多井隆晴
【動画】苦しみの末に勝利を掴み感極まる多井隆晴
【動画】足を痛めながらもトップを取った堀慎吾
【動画】足を痛めながらもトップを取った堀慎吾
【動画】魚谷侑未、役満・小四喜の大チャンス
【動画】魚谷侑未、役満・小四喜の大チャンス