上位2チームが超接戦!ついにファイナル最終日、チャンピオンになるのはどこだ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ機構は「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズ最終日となる、4月26日の第1試合に出場する4選手を発表した。半年に渡る長き戦いも、この日の2試合でついにラスト。リーグ史上4チーム目となるチャンピオンが決まる。上位2チームがわずか2.6ポイント差という大接戦になっており最終戦、最後の1局まで優勝シャーレの行方はわからない。

【中継】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式

 最終日を首位で迎えたのはKADOKAWAサクラナイツ。レギュラーシーズンで大活躍した沢崎誠(連盟)が病気療養で離脱した中、堀慎吾(協会)も前日には足の負傷に耐えながらトップを獲得。僅差ながら初優勝に向けて、一番近い位置に押し上げた。初参戦となった2019-20シーズンは4位、昨期は2位と、1段ずつ上がってきたチームだが、先発する内川幸太郎(連盟)によって初優勝にさらに近づくか。

 2位はセガサミーフェニックスだが、点数にして2600点差は、テンパイ・ノーテンでひっくり返る程度のもの。並走と言ってもいいだろう。KADOKAWAサクラナイツに対してトップ・ラスを決められれば最高形だが、1試合目を任された近藤誠一(最高位戦)は、とにかく着順で上回ることを頭に置いて戦うことだろう。

 3年連続3位の渋谷ABEMASは、今期も現在3位。逆転優勝には残り2試合を連勝するしかないだろう。1位、2位との差は約100ポイントで、仮にトップを取り、上位2チームに3着・ラスを押し付けることができれば、最終戦はさらなる大混戦となる。白鳥翔(連盟)は、ここ一番の勝負強さを土壇場に発揮できるか。

 4位のKONAMI麻雀格闘倶楽部は、健闘むなしく大きく差をつけられた。数字の上では逆転優勝は不可能ではないが、実質的には最後まで戦う姿勢を貫くことで、ファンへの恩返しを果たすという2試合になるだろう。先発の伊達朱里紗(連盟)の立ち回りが、優勝争いに関わることもあるだけに、目は離せない。

【4月26日第1試合】※成績はレギュラーシーズン

KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟) 個人22位 ▲139.7
KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟) 個人4位 +269.5
渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟) 個人13位 +108.8
セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦) 個人18位 +5.4

【4月25日終了時点での成績】※セミファイナルシリーズのポイントを半分で持ち越し

1位 KADOKAWAサクラナイツ +208.8(10/12)
2位 セガサミーフェニックス +206.2(10/12)
3位 渋谷ABEMAS +103.8(10/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲179.9(10/12)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式
【中継】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式