KADOKAWAサクラナイツ、悲願の初優勝!最終戦・最終局までもつれる大熱戦制し歓喜の涙/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズの最終日が4月26日に行われ、KADOKAWAサクラナイツが初優勝を果たした。2019-20シーズンからMリーグ8チーム目として参戦、3年連続ファイナル進出を果たしていた強豪だが、一昨年のファイナル4位、昨年の2位を経て、ついに悲願の頂点。毎年少しずつ成長をし続けたサクラの花が、ついに満開となった。

 最終日を2位のセガサミーフェニックスとわずか2.6ポイント差の首位で迎えたKADOKAWAサクラナイツは1試合目にエース内川幸太郎(連盟)が先発すると3着ながら、首位をキープ。2試合目には堀慎吾(協会)が出場、一時は2位に後退したが終盤に再逆転し、優勝シャーレを手にした。

【動画】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式

【最終結果】

1位 KADOKAWAサクラナイツ
2位 セガサミーフェニックス
3位 渋谷ABEMAS
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式
【中継】朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ最終日&表彰式