負けてなお強し 近藤誠一、根性の倍満ツモにファンが感動の嵐「男の倍満」「涙が止まらない」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 さすがは千両役者。セガサミーフェニックスの近藤誠一(最高位戦)が、痺れる大舞台で黄金の左手を炸裂させた。わずか27.5ポイント差で迎えたプロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22」ファイナルシリーズ4月26日の第2試合、2位のセガサミーフェニックスは1位のKADOKAWAサクラナイツよりも着順が上回れば逆転優勝。全てが決まる大一番を任されたのは、第1試合からの連投となる近藤だった。

【動画】近藤誠一、意地の倍満ツモ

 その第1試合では、幾度となくテンパイさせるも、アガリ牌を引けずに4着。第2試合でも悪い流れは続き、東3局を迎えた時点で持ち点1万1400点のラス目に転落した。それでも虎視眈々と浮上を狙う近藤は東4局1本場、赤牌とドラがあるものの、決して恵まれた配牌とは言えない中で慎重に打配を選択。早々に5索を捨てたことでフリテンとなったが、2索・5索・8索待ちのリーチをかけた。

負けてなお強し 近藤誠一、根性の倍満ツモにファンが感動の嵐「男の倍満」「涙が止まらない」/麻雀・Mリーグ

 山には5索が1枚と8索が2枚。「これ、ツモったらすごいぞ」。実況を務める日吉辰哉(連盟)が興奮しながら見守ると、見事に5索を引き当ててリーチ・ツモ・タンヤオ・平和・赤2・ドラ・裏ドラの倍満・1万6000点(+300点、供託1000点)を奪取。一気にKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)をまくる一撃にはファンも大熱狂で、「すげぇぇぇ」「マジかよ」「男の倍満」「泣けてきた」「涙が止まらない」などとコメントが殺到した。「なんとかするから見ててください」。連投を知っていたという実況の日吉が試合前に「2戦目に出て自分がマイナスだった場合、視聴者になんて言いますか?」と質問した際、近藤はこう答えたという。結果は3着で優勝を逃したものの、シーズンを通して勝負強さを発揮した男の真骨頂を見た瞬間と言えるだろう。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】KADOKAWAサクラナイツの優勝インタビュー
【動画】KADOKAWAサクラナイツの優勝インタビュー
【動画】笑顔で勝利報告する伊達朱里紗
【動画】笑顔で勝利報告する伊達朱里紗
【動画】近藤誠一、意地の倍満ツモ
【動画】近藤誠一、意地の倍満ツモ