Berryz工房・須藤茉麻、同い年の新人グラビアタレントが見せたキス顔に嫉妬?「同じ29歳として悔しい」
番組をみる »

 Berryz工房の須藤茉麻が4月29日、「ABEMA BOATRACE CRUISE『クロちゃんとクルーちゃん』」に生出演。新人グラビアタレントと共にキス顔を見せるも、その反応の違いに嫉妬した。当番組は12人の新人タレントたちが特番出演をかけてボートレース予想とバラエティー力で競う内容。この日はグラビアクルーとして志田音々、みれい、出口亜梨沙の3人が勝負に挑み、須藤は先輩アイドルとして彼女らの戦いを見守った。

【動画】アイドルとグラドル、キス顔対決

 番組指定第1レースはボートレース若松の10Rで、志田やみれいは見事に的中。外した出口のみ罰ゲームをすることになると、出口と同い年の須藤が抽選箱から引き当てたお題は「キス顔」だった。「まず先輩、1回手本見せてもらっていいですか?」。ここでMCの安田大サーカス・クロちゃんがリクエストすると、須藤は「いやいやいや」と拒否。「なんでそこまで私がやらなきゃいけないんですか?罰ゲームの先輩の手本って意味なくないですか?」とするも、ここはさすが経験豊富なベテランアイドル、「分かりました。やらせていただきますよ」と受け入れ、「ずーっと見てました」とひと言添えてキス顔を披露した。

 ただ、そのキス顔に周囲は無反応で、須藤は「ねぇねぇねぇ。スタッフさんとか、クロちゃんに笑ってもらわなきゃ困るんだけど」とコメント。これにクロちゃんが「今のは悪い手本だからね」と笑いながら出口に忠告すると、須藤は「おいっ」と突っ込みつつ、「でも、そうですよね。ちゃんと可愛いのをやってくれるってことですよね」とし、「こりゃあ楽しみだな」とプレッシャーをかけた。

 そんな中、出口は「めっちゃ好きやで」と地元の大阪弁でカメラに向かってキス。その後に照れ笑いを浮かべるとクロちゃんは「おおー。いいじゃん」と大喜びで、出口の声の低さが逆に「しっかりと気持ちが伝わる」「言葉に重みがある」と評価した。また、お笑いトリオ怪獣のすーなかも「めちゃくちゃよかったですね」と続け、「手前にやった方が振りになってた」と須藤をひとイジリ。これに須藤は苦笑いするも、自身が上げたハードルを難なくクリアした出口に「同じ29歳として悔しい」とし、「もう1回やるんですか?」との振りには「いやいやいや。やんない、やんない」と全力拒否してクロちゃんを笑わせる一幕もあった。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

【動画】アイドルとグラドル、キス顔対決
【動画】アイドルとグラドル、キス顔対決
【動画】ギャグ芸人たちの知られざる強化合宿
【動画】ギャグ芸人たちの知られざる強化合宿
【動画】ウッチャンナンチャン南原清隆のスキンケア術
【動画】ウッチャンナンチャン南原清隆のスキンケア術