ギャグ芸人たちの知られざる苦労にココリコ遠藤章造が言及「集まって強化合宿するらしい」
番組をみる »

 インパクトある一発ギャグをウリとするギャグ芸人。そのギャガ―と呼ばれる芸人たちの内情について、ココリコ遠藤章造が言及した。「ABEMA BOATRACE CRUISE『六本木フレンドパーク』」4月30日放送回にMCとして生出演した遠藤は、ピン芸人の狩野英孝と共演。狩野と言えば「ラーメンつけ麺 僕 イケメン」のフレーズが有名だが、そのフレーズは元々、「もしもナルシストがラーメン屋さんだったら」というコントの中のセリフのひとつで、狩野によると「別に推してるわけじゃない」のだそうだ。

【動画】ギャグ芸人たちの知られざる強化合宿

 一方、遠藤は「ホホホイ、ホホホイ」と頬に手を当てて軽快に踊るネタでお馴染み。こういったネタは一時、求められても「やらん時がある」とするも、「でも、それが一周するとバンバンやり倒す」とし、営業や収録などでもこのネタのお陰で「あー遠藤さん、来たー」と周囲から認識してもらえることに「ありがたい」と感謝した。

 この流れで遠藤はギャガ―の一人として、多くの一発ギャグを持つペナルティのワッキーを例に出し、「そのためだけにギャガ―が集まって、合宿したりするんよね」とコメント。狩野が「へー」と感心すると、「強化合宿みたいな感じで、ギャグを作るための合宿をするらしい」と続け、「やっぱり大事なんやな」とギャガ―におけるギャグの重要性に理解を示した。
(ABEMA/BOATRACEチャンネルより)

【動画】アイドルとグラドル、キス顔対決
【動画】アイドルとグラドル、キス顔対決
【動画】ギャグ芸人たちの知られざる強化合宿
【動画】ギャグ芸人たちの知られざる強化合宿
【動画】ウッチャンナンチャン南原清隆のスキンケア術
【動画】ウッチャンナンチャン南原清隆のスキンケア術