予選Bリーグがスタート 優勝候補チーム斎藤、初陣はチーム糸谷と ファン予想も79.5%が勝利/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ第1試合が5月7日に放送される。チーム糸谷とチーム斎藤という、どちらもリーダーが関西の実力者という対戦。チームにとって初戦を制して、波に乗るのはどっちだ。

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Bリーグ 第一試合<チーム糸谷VSチーム斎藤>

 チーム糸谷は糸谷哲郎八段(33)、黒沢怜生六段(30)、西田拓也五段(30)という3人。超早指しの適性もあり、かつ居飛車党の糸谷八段に、振り飛車党の黒沢六段・西田五段という変幻自在な戦い方ができる構成になっている。

 対するチーム斎藤は、2期連続で名人挑戦中の斎藤慎太郎八段(29)をリーダーに、木村一基九段(48)と佐々木勇気七段(27)という昨年の準優勝メンバー2人という強力な布。ドラフト会議直後から、リーダー棋士たちの間でも優勝候補に挙げられていた。

 ABEMA将棋チャンネルでのTwitterアカウントで勝敗予想アンケートを実施。1779人が回答し、チーム斎藤の勝利を予想した人が79.5%だった。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Bリーグ 第一試合<チーム糸谷VSチーム斎藤>
【動画】第5回ABEMAトーナメント 予選Bリーグ 第一試合<チーム糸谷VSチーム斎藤>