「柳田がかすむw」「これ入るの?」ファン驚愕のパワー弾 建山義紀氏「これがメジャーのバッティング」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス-ナショナルズ(5月7日・日本時間8日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したこの試合、初回に飛び出したナショナルズの3番・ベルが放った豪快弾が注目を集めた。

【映像】ファン驚愕のパワー弾

 1回表・ナショナルズの攻撃。先頭の1番・ヘルナンデス、2番・ソトと倒れて2死走者なしの場面で打席に立ったのは3番・ベル。フルカウントからの7球目、エンゼルス先発・ロレンゼンの高めに甘く入ったカットボールを見逃さずにベルは強振する。

 やや詰まったようにも見えた打球はセンター方向へ。高々と舞い上がった打球はぐんぐん伸び、そのままスタンドに飛び込む先制弾となった。

 このベルの一発にABEMAで解説を務めた建山義紀氏は「少し差し込まれたかなと思ったんですけども、そのあたりをパワーで持っていくのがメジャーリーグのバッティング」とコメント。視聴者からも「ひえー」「これ入るの?」「フライアウトかと思った」「すごいパワー」「柳田がかすむw」「はしゃぎすぎw」といった驚きの声が多数寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】ファン驚愕のパワー弾
【映像】ファン驚愕のパワー弾
SPOTV NOW
SPOTV NOW