永瀬拓矢王座、大逆転で2期連続優勝 本戦スーパーシードで藤井聡太竜王への挑戦に最短ルート/将棋・竜王戦1組ランキング戦
番組をみる »

 将棋の竜王戦1組ランキング戦の決勝が5月13日に行われ、永瀬拓矢王座(29)が佐藤天彦九段(34)に171手で勝利した。中終盤と両者の間で形勢が行き来する熱戦は、最終盤に永瀬王座が敗色濃厚のところから、隙を突いて大逆転。2期連続での1組優勝を果たし、本戦では挑戦者決定三番勝負に1勝すればたどり着くスーパーシードとなった。

【中継】竜王戦1組 ランキング戦決勝 永瀬拓矢王座 対 佐藤天彦九段

 永瀬王座の先手番から始まった一局は「角換わり」の出だしになると、先に後手の佐藤九段から仕掛けが入ったが、永瀬王座も想定の範囲内だったか、時間を消費することなく対応を続け、午前中はほぼ互角のまま終了した。午後に入り、少しずつポイントを稼ぎ始めたのは佐藤九段。自玉の堅さを維持しつつ、相手の玉頭を狙った攻めが少しずつ刺さると、永瀬王座もなんとか自玉を端に寄せながら耐える時間が続いた。

 ドラマが起きたのは最終盤。持ち時間も両者残り数分という中、両者の間で形勢が大きく行き来する乱戦模様になると、一時は勝勢と見られた佐藤九段も、勝ち切る道が細かったのか一瞬隙が生じると、これをきっかけに形勢は大きく永瀬王座に振れることに。このチャンスを永瀬王座も逃さず、自で動きが取れていなかった駒を存分に使い切る気持ちのいい指し手で、即詰みに討ち取った。

 永瀬王座は2期連続優勝とともに、本戦では1勝すれば挑戦者決定三番勝負に進出できるスーパーシード権を獲得。昨期、この挑決三番勝負で敗れた藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)が後にタイトルを獲得していることもあり、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負に続き、研究パートナーでもある藤井竜王と、最高峰タイトルをかけた七番勝負への進出を目指す。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】竜王戦1組 ランキング戦決勝 永瀬拓矢王座 対 佐藤天彦九段
【中継】竜王戦1組 ランキング戦決勝 永瀬拓矢王座 対 佐藤天彦九段
【動画】4連勝でタイトル奪取を果たした藤井聡太竜王
【動画】4連勝でタイトル奪取を果たした藤井聡太竜王
【動画】4連勝でタイトル奪取を果たした藤井聡太竜王