取り戻したファイティングポーズ KONAMI麻雀格闘倶楽部、来期につながる4位に佐々木寿人「最低限の目標には進めた」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ベテラン2人がチームを退き、新たな戦力を加えて戦ったKONAMI麻雀格闘倶楽部。プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足当初から、超攻撃的なチームカラーを貫いてきたが、メンバーが入れ替わってもそれは変わらず、むしろ一時の低迷で失いかけていたファイティングポーズを取り戻したかのようだ。チームリーダー佐々木寿人(連盟)は4位という最終結果に「最低限の目標、ファイナルには進めた」とあっさり答えたが、これは来期狙う初優勝への確実なステップだ。

【動画】Mリーグ全8チームの密着ドキュメント

 EX風林火山で優勝を経験した滝沢和典(連盟)が移籍、さらにプロ歴は浅いながらも確かな雀力を認められた伊達朱里紗(連盟)が加わり、ぐっと平均年齢も下がった格闘倶楽部。高宮まり(連盟)を含めた4人は、チームとしての「らしさ」は残しつつ、先へとつながる強い麻雀を何度も見せた。

――今期の振り返りをお願いします。

 滝沢和典(連盟) レギュラーシーズンは調子がよくて、なんとなく順調に来ているなって感じでした。当初の予定がファイナルシリーズには進出したいってことだったので、それは達成できました。1戦目を任されて、それのかかり方がよくなかった、入り方がよくなかったですね。具体的な手牌もバシッと覚えているくらい、2局連続でよくないなっていう空気にしちゃって、それがラスになって、リズムを崩してしまったような気がしました。

――昨年は個人としてEX風林火山で優勝を経験していました。

 滝沢和典 麻雀自体はそんなに変わっていなくて、KONAMIというチームカラーに引っ張られるかと思ったら、それほど変わらなかったです(笑)。最終日に2連勝できて、形だけの2連勝ですけど、サポーターの方も喜んでいただけたので、終わり方としてはよかったと思います。

――高宮さんにとっての今シーズンはいかがでしたか。

 高宮まり(連盟) チームとして全体で見た時に、ファイナルに来られたのもチームのおかげですし、紙一重のところがチーム全体で多かったのがすごく悔しいですが、ファイナルで戦えたのはチームメイトと応援してくださった方々のおかげだと感謝しています。

――ファイナル終盤には、元チームメイトで大先輩の前原雄大さんも応援に駆けつけました。

 高宮まり 前原さんがわざわざ足を運んでくださって、そこでやっぱりその日にトップが取れて、すごくうれしかった、思い出深い一日になりました。

――伊達さんにとってはこれ以上ないルーキーイヤーとなったかと思います。

 伊達朱里紗(連盟) 個人的なデビューイヤーとしては本当に出来すぎの結果で、起こっている出来事もすごくよかったと思いました。チームメイトにも恵まれましたし、試合の結果にもすごく恵まれました。それを繰り返していく中で、Mリーグという舞台の大きさの怖さがあって、応援してくださる方も多い分、1つの打牌で失望させてしまったりするので、一打一打本当に気を引き締めて、向き合わなきゃなと、本当に思いました。

――デビュー早々に大活躍できたことは大きかったですか。

 伊達朱里紗 初期の方は、まだみなさんが「伊達」という打ち手を値踏みしているというか、どんな打ち手なんだろうと思っている段階で、そういういい結果、選択がいい結果になる半荘が先に来たのは、本当にただ恵まれていると思います。いっぱいラスも引いていますし、それが最初に来ていたら、評価的なものも変わったと思うので、ただただ最初にいい半荘が来たのは恵まれているなと感じておりました。

――佐々木さんとしては、最も苦しいレギュラーシーズンになりました。

 佐々木寿人(連盟) 開幕式の時に、今期の目標として卓上を焼き尽くすような麻雀をしたいと言いました。果たしてそれが何回できたかと思いますし、ただ同時に、滝沢、伊達に注目してくださいとも言いました。活躍してもらったので、レギュラーシーズンは通過できたので2人には感謝したいと思います。個人の目標をいろいろ立てたんですけどね。去年を超えるものを出していきたいと。アガリ率にしてもラス回避率にしても。最低限の目標、ファイナルに進めたのはよかったかなと思います。

――チーム側から見た今期をお願いします。

 チーム担当・石田進矢 今年は2人、新しい選手に入っていただいて、正直我々チーム側もどうなるのかあんまり想像もついていなかったです。ドラフト会議で信頼をして指名をさせていただいて、きちんと話をして入団もしていただきました。我々のチームは監督というかサポートしながら、ファンみたいに見ているところもあるので、信じて一緒に戦っていくことはできました。我々は他のチームより、出場機会がそこそこ平均的なチームです。それも信頼して、指名して入っていただいている選手だからこそです。それぞれの活躍の場があってしかるべきという考えのもとにやってきているので、1年ずっと信頼関係を持ったまま、1年過ごせたことが1つの収穫でした。

 ファイナルの4位という結果は、12回の半荘で実力が出るか出ないか。それを追い求めてやっている選手たちを本当にリスペクトはしているんですが、我々も少しよくない要求をしてしまったところがあるんですね。最初の4戦が終わって、5戦目くらいからトップが欲しくなってしまって、そういう話をしている中で、ちょっとみなさんに普段の選択よりも無理のある戦い方をさせてしまったというのが大きな反省点でした。

――今期はライバル「タキヒサ」がチームメイトとして戦いました。

 滝沢和典 さっき感謝しているっていうのを聞いて、それ知らなかったんです。それでいい気分になってきました(笑)。

 佐々木寿人 あんまり言いたくはないですけど(笑)。(滝沢・伊達の)2人がいなかったらレギュラーシーズン通過はできなかったと思うので、そこは認めざるを得ないかなと思います。

――最後に来期の目標をお願いします。

 佐々木寿人 彼は僕より上に行くという目標で、それを達成したんですが、かなり悔しいんでね。今度は逆、僕が彼の上に行けるように。特に今年マイナスだったんで、また昨年のような成績を出せるように頑張ります。

 滝沢和典 最初はよかったですけど、勝負どころでよろしくなかったので、本当にそこが課題です。

 プロ麻雀界の中でも人気選手が集まっているこのチーム。好不調の波が荒い印象もあった中、シーズン終盤にはじっくりと耐えて勝機をうかがう戦いも見られたことは、懐の深さも備わってきた証しだ。チャンスをしっかり見定めて踏み込んだ瞬間に圧倒する。ファンは見たいのは、そういう快進撃だ。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】Mリーグ全8チームの密着ドキュメント
【動画】Mリーグ全8チームの密着ドキュメント
【動画】Mリーグ2021-22シーズン最終日ダイジェスト
【動画】Mリーグ2021-22シーズン最終日ダイジェスト