糸谷哲郎八段、兄弟子愛あふれるクイズ出題に回答陣は大苦戦 ファンからは「これはレギュラー化待ったなし」と待望の声
番組をみる »

 将棋界をけん引するトップ棋士で、エンターテイナーとしても名高い糸谷哲郎八段(33)が、溢れんばかりの兄弟子愛をクイズで表現した。出口若武六段(27)が藤井聡太叡王(竜王、王位、王将、棋聖、19)に挑戦している叡王戦五番勝負第2局が5月15日、愛知県名古屋市の「名古屋東急ホテル」で行われ、ABEMAの中継に糸谷八段が出演。叡王戦にまつわる早押しクイズコーナーでは、初代叡王・山崎隆之八段(41)に関する自作問題を披露し「愛がすごい」「これは楽しい」とファンを楽しませた。

【動画】超難問?叡王戦早押しクイズ

 糸谷八段といえば、獲得タイトル竜王1期、A級5期などプレーヤーとして常に棋界のトップに立つことはもちろん、棋士会副会長に新・関西将棋会館建設に向けたクラウドファンディング委員を務めるなど、活躍の場は枚挙にいとまがない。また、団体戦「ABEMAトーナメント」のチーム動画ではバンジージャンプに滝修行と過激な挑戦でも毎年話題を呼んでいる。様々な表場面で名調子をふるうだけに、クイズコーナーの司会進行はお手の物。慣れた手つきで出題者の帽子をかぶると、さっそく自作の「叡王戦クイズ」を出題した。

 今期の叡王戦開催地や藤井叡王、出口六段に関連した問題かと思いきや、用意されていたのは「初代叡王・山崎隆之八段クイズ」と意表を突く一手。タイトル戦昇格前、2015年に開催された第1期叡王戦では決勝三番勝負で山崎八段が連勝で郷田真隆九段を破り「初代叡王」の座に就いた。過去には解説番組の中で「棋士の中だと山崎さんのことを一番尊敬しているし、愛している」と発言するなど、同じ森信雄七段門下で兄弟子を魅力を誰よりも深く知る糸谷八段とあり、回答者の三浦弘行九段(48)、野原未蘭女流初段(18)は「予想通り」の顔。視聴者からも「やはりww」「想定内すぎるww」とコメントが流れた。

糸谷哲郎八段、兄弟子愛あふれるクイズ出題に回答陣は大苦戦 ファンからは「これはレギュラー化待ったなし」と待望の声

 超難問が予想されたが、ひっかけ問題も含めて難なくクリア。しかし、最終問題の山崎八段が過去の番組で担当したコーナーの題名には両者とも答えが出ない。糸谷八段が思わず秒読みをして回答を促す場面もあったが、三浦九段がなんとか答えをひねり出して正解を得た。

 満足気な出題者に対し、回答者はややグッタリ顔。三浦九段は「いやー、難解な問題が多すぎて…」。野原女流初段が「ちょっと難しい問題が多かったです」がツッコミを入れると、糸谷八段は嬉々とした表情で「すみません!次回はもう少し簡単に答えられるように用意します!」と早くも“第2回”の開催を予告。ファンからも「レギュラー化しましょう」「叡王戦クイズじゃなくてやまちゃんクイズだったww」「これは楽しい」と早期の実現を待ち望む声が多く上がっていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】超難問?叡王戦早押しクイズ
【動画】超難問?叡王戦早押しクイズ
【動画】チーム動画史上一番過酷!?チーム糸谷が荒行体験!
【動画】チーム動画史上一番過酷!?チーム糸谷が荒行体験!