思わず曇る大谷翔平の顔 3打席連続三振に球場のファンもどよめき&ブーイング「今日バットに当たらんな」「たまには休んだら?」と心配も
番組をみる »

【MLB】エンゼルス2-4アスレチックス(5月20日・日本時間21日/アナハイム)

 豪快なスイングも、当たらなければフラストレーションか。エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したこの試合、5回裏の第3打席で空振り三振に倒れ、思わず表情を曇らせた。日米通算150号ホームランを期待するスタジアムのファンからは少なからずブーイングも混じったどよめきがあった。

【動画】連続三振に曇る大谷翔平の顔

 2点を追うこの回、先頭のトラウトが空振り三振。歓声と共に打席へ向かった大谷だったが、カウント2-2からアスレチックス先発・ブラックバーンが投じた91マイル(約146キロ)のストレートを空振りし、3回の第2打席に続き空振り三振。ベンチに下がる際には、大谷の曇った表情が映し出された。

 5回表にエンゼルス先発・シルセスが降板し2点のビハインド。反撃を期待したいところだったが、直前のトラウトに続く大谷も三振と、主軸の連続凡退にスタジアムのファンからは大きなどよめきや、少なからずブーイングも。この中継をABEMAで視聴していたファンからは「今のは捉えたかった」「今日バットに当たらんな」と落胆の声が続き、また「大谷さん、たまには休んだら?」「大谷は悪くない。このピッチャーが良すぎるのよ」とフォローの声も立て続いて投稿された。

 解説を務めていた五十嵐亮太氏は「良い配球でしたね。前の打席で変化球で三振して(また変化球が来るというイメージが)頭にあると思うんですよ。そうなると高目のボール球には手を出さないと思うんですけど、真っすぐがパッと来た時に一瞬ストライクゾーンだと思って振りに行った。これはバッテリーの配球勝ちですね」と説明した。

 7回の第4打席も大谷は三振。ここでは変化球を見送ったところストライクのコールがあり、思わず遠くを見つめるような仕草も。視聴者からは「ピッチャーがうまい」「キャッチャーいいリードするしPもいいとこ投げたわ」と、またも相手バッテリーの巧みな戦いぶりに反応するコメントが書き込まれていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平、爆笑のコラ画像
【動画】大谷翔平、爆笑のコラ画像
【動画】大谷翔平、華麗なスライディング
【動画】大谷翔平、華麗なスライディング
【動画】大谷翔平の俊足に相手野手が諦めの山なり送球
【動画】大谷翔平の俊足に相手野手が諦めの山なり送球