木村一基九段「これは筋がヨシオ!」木村一基九段の将棋ギャグ炸裂にファン「いただきました」と大爆笑/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

  木村一基九段九段(48)が将棋ギャグをさく裂させた。将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の予選Bリーグ第3試合、チーム斎藤とチーム菅井の対戦が5月21日に放送された。今期、斎藤慎太郎八段(29)からドラフト指名を受けた木村八段は、1勝1敗で迎えた第3局に臨む斎藤八段をチームメイトの佐々木勇気七段(27)とともに熱烈応援。リーダーの好手を見るや「これは筋がヨシオ!」とオヤジギャグを披露し、ファンの爆笑を誘った。

【動画】木村一基九段九段のオヤジギャグが炸裂

 互いにリードを奪いたい第3局では、チーム斎藤・主将の斎藤八段と菅井チームで先勝を挙げた佐藤和俊七段(43)が激突。控室の木村九段、佐々木七段はチーム名「シン・エンジェル」のトレードマーク“天使の羽”を装着し、前のめりにリーダーを応援。斎藤八段に攻めのターンが回った瞬間の一手に、木村九段から感嘆の声が上がった。「いいね~、キレイな手。筋がヨシオじゃないの~!」。さらに守りの位置にいた金の働きを弱めるかと思われた歩の一手にも「ほー!格調高いね。これで続くと見てるんだ。これは筋がヨシオ君ですね。一本取ったね」と称賛した。

 木村九段は、獲得タイトル王位1期、棋戦優勝は2回、さらには昨年のABEMAトーナメントでは自身が率いたチーム木村が準優用するなど、棋界の中心に立ち続けるトップ棋士。さらには軽快なトークと親しみやすいキャラクターでも人気を不動のものとしている。今回は斎藤八段の指名を受けチームの一員として奮闘、優勝を目標に掲げている。将棋界のギャグ王といえば豊川孝弘七段(55)が挙げられるが、木村九段もリーダーの好手には満面の笑みで将棋ギャグを炸裂。これにはファンも「いただきましたヨシオくん」「豊川先生化してるww」と大爆笑していた。

 第3局、斎藤八段の勝利から大きく流れを引き寄せたチーム斎藤は5勝2敗で勝利。予選2位通過で本戦トーナメント入りを決めた。光ったのは和やかなチームの団結力。予選突破を決めたチーム斎藤がどこまで飛翔するか、ファンの興味は高まるばかりだ。

 ◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】木村一基九段のオヤジギャグが炸裂
【動画】木村一基九段のオヤジギャグが炸裂