正面の打球をまさかのトンネル、ミスした本人もあ然の表情 「えええ????」「悲しそう」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス3-4ブルージェイズ(27日・日本時間28日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が腰の張りでスタメンを外れたこの試合。2回裏エンゼルスの攻撃で、ブルージェイズのセンター・タピアによるトンネルがファンの間で注目を集めた。

【映像】正面の打球をトンネル→本人もあ然の表情

 2回表にブルージェイズが先制し、0-1で迎えた2回裏・エンゼルスの攻撃。この回先頭の5番・レンヒーフォは、カウント2-2からの6球目、真ん中高めのボール気味のストレートを弾き返してセンター前へ。内野の頭を越えるきれいなセンター前ヒットに、タピアは余裕を持って捕球体勢に入るが、ボールはグラブの下を通り抜けるまさかの後逸に。解説の西岡剛氏は直後、「これ三塁行けるんじゃない?」とコメントしたが、レフトのグリエルJr.が無駄なくバックアップに入り、内野へと素早く返球したことで、レンヒーフォは二塁でストップとなった。

 一連のプレーついて西岡氏は「(タピアは)バウンドが合わなかったですね。その後のグリエルJr.のカバーリング、めちゃくちゃ早かったです」と、タピアの予期せぬトンネルであったにもかかわらず、グリエルJr.が的確にそれをカバーし、レンヒーフォの三塁到達を防いだ点を評価。

 また、視聴者からも「えええ????」「外野手はあれやっちゃダメ」「守備しっかりー!!」「みんな守備で時々やらかすね」「カバーってやっぱ大事やな」といった声があがり、さらに、後逸直後にタピア自身もあ然とした表情を見せていたことから「悲しそう」といったコメントも寄せられた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

大谷翔平、9回裏に代打で登場すると会場大歓声
大谷翔平、9回裏に代打で登場すると会場大歓声
打球が三塁ランナーを直撃
打球が三塁ランナーを直撃
大谷翔平、ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーン
大谷翔平、ボテボテ投ゴロが生んだコミカルなシーン
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW