藤井聡太棋聖が星を戻すか 永瀬拓矢王座が初奪取に王手をかけるか 注目の第2局対局開始/将棋・棋聖戦五番勝負
番組をみる »

  将棋藤井聡太棋聖(竜王、王位、叡王、王将、19)が永瀬拓矢王座(29)の挑戦を受けるヒューリック杯棋聖戦五番勝負が6月15日、新潟県新潟市の「高島屋」で第2局の対局が始まった。第1局は1日で2度の千日手指し直しとなる異例の開幕局となったが、都合3局目で永瀬王座が勝利。第2局では藤井棋聖がそのまま連敗を許すわけもなく、本局に用意した作戦に大注目が集まっている。

【中継】藤井聡太棋聖VS永瀬拓矢王座 棋聖戦五番勝負第2局

 藤井棋聖は8時45分頃、対局室に入室。深い緑色の着物に薄緑色の羽織を合わせ、初夏らしいさわやかな装いを選んだ。永瀬王座は藤井棋聖よりも5分ほど早く入り、目を閉じて集中力を高めていた。

 6月3日に行われた第1局は、振り駒で先手番を得た藤井棋聖は相掛かりを選択したが、中盤の66手目で千日手が成立。先後を入れ替えての指し直しとなった。続く指し直し局は角換わりの出だしから、今度は序盤の53手目でお互いが選んだように、またも千日手に。タイトル戦としては20年ぶりとなる同日2度目の千日手、指し直しとなった。都合3局目となった再指し直し局は、またも角換わりに。藤井棋聖は中盤の難所で先に持ち時間をほぼ使い果たすと、永瀬王座に1時間以上リードを許し、さらに局面でもじりじりと差を広げられる苦しい展開になった。逆転の糸口を探るも、確実に勝利へと近づく永瀬王座の指し回しに押し切られ、114手で永瀬王座が勝星を飾った。

 持ち時間は各4時間、本局の先手番は永瀬王座。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第93期ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第二局 藤井聡太棋聖 対 永瀬拓矢王座
【中継】第93期ヒューリック杯棋聖戦 五番勝負 第二局 藤井聡太棋聖 対 永瀬拓矢王座