藤井聡太棋聖、永瀬拓矢王座に勝利しスコア1勝1敗のタイに 敵玉の退路ふさぐ一手に解説棋士「神がかってる」/将棋・棋聖戦五番勝負
番組をみる »

  将棋のヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局が6月15日に行われ、藤井聡太棋聖(竜王、王位、叡王、王将、19)が挑戦者の永瀬拓矢王座(29)に138手で勝利、対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。形勢不明の最終盤で藤井棋聖が見せた敵玉の対路をふさぐ銀打ちの一手に、ABEMAで解説を務めた飯島栄治八段(42)は「神がかっている」と絶賛の声を上げた。

【動画】大熱戦となった棋聖戦五番勝負第2局

 永瀬王座の先手番で、戦型は「角換わり腰掛銀」に。永瀬王座の深い研究を前に、藤井棋聖は午前中の50手の間に持ち時間の半分以上となる2時間9分を消化した。午後のタイムマネジメントが注目された中で難解な中盤戦へ突入した。永瀬王座は昼食休憩明けに、飛車先の歩の突き捨ての一手でこの日最長の1時間16分の長考。角の取り合いから激しい攻め合いとなり、藤井棋聖が角を使った攻防の一手を放ったところから主導権を握った。最終盤、永瀬王座の玉の退路をふさぐ銀打ちの一手で一気に形勢は藤井棋聖側へ。ABEMAの中継に出演した飯島栄治八段(42)は「すごくないですか、狙っていたんですね。神がかっている」と絶賛。最終盤まで形勢不明の大熱戦を、藤井棋聖が一撃必殺の一手で勝利を飾った。

 終局後、藤井棋聖は「終盤はずっと苦しいと思っていて、どうやったら勝負できるかと考えていた。ここまでの2局は内容的にかなり押されてしまっているので、第3局以降、内容を良くして戦えるようにしたいなと思います」と話した。一方、敗れた永瀬王座は「ペースを握ったと思ったところもあったが、よくわからないまま指していた。終盤に踏み込まれてあっさりいってしまったので、終盤の悪いところを良くして3局目に挑みたい」とコメントした。

 この結果で、棋聖戦五番勝負は互いに1勝1敗のタイに。2回の千日手指し直しとなった波乱の第1局、永瀬王座の研究を打ち破り大熱戦となった第2局と今後も激しい戦いが予想されているだけに、ますます両者から目が離せない。注目の第3局は7月4日、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」で藤井棋聖の先手番で指される。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】熱戦となった棋聖戦五番勝負第2局
【動画】熱戦となった棋聖戦五番勝負第2局