見逃し三振なのに躍動感たっぷり?スピード感溢れる名選手の“残念ジャンプ”「ぴょんぴょん」「ベッツかわいそう」
番組をみる »

【MLB】ドジャース-エンゼルス(6月15日・日本時間16日/ロサンゼルス)

 大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場した試合で、ドジャースの名選手・ベッツに見逃し三振ながら躍動感溢れるジャンプが見られるという珍シーンが誕生した。

【動画】思わぬ見逃し三振にベッツがぴょーん

 ベッツはMVP1回、外野手としてシルバースラッガー賞4回、ゴールドグラブ賞5回など、攻守に優れたスター選手。2018年のシーズンには32本塁打・30盗塁の「30-30」を記録するなど、俊足としても知られている。今季の年俸は2250万ドル(約30億円)で、175.3センチ・81.6キロとメジャーリーガーとしては小柄ながら、抜群のバネの持ち主だ。

 この日の試合でも1番・ライトで先発出場していたが、思わぬところでバネが披露されたのが4回の第3打席だ。フルカウントからの6球目、エンゼルスのハーゲットが投げたカーブは、インコースのボールゾーンからストライクゾーンへと入ってくるフロントドア。ベッツは確信を持って見逃すと、カーブは曲がり切らずにぎりぎりボールに見えた。ところが球審がストライク、見逃し三振の判定をしたことで、ベッツはびっくり。そのまま打席内でぴょんと跳ねたが、高さ十分の跳躍となった。

 中継していたABEMAのコメント欄には、ファンから「いいジャンプ」「ぴょんぴょん」「なぜか三振になったwww」「ベッツかわいそう」と、かわいらしいジャンプとベッツに対しては厳しい判定への同情のコメントが溢れていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】アンダーソンは大谷翔平に“変幻自在投法”
【動画】アンダーソンは大谷翔平に“変幻自在投法”
【動画】思わぬ見逃し三振にベッツがぴょーん
【動画】思わぬ見逃し三振にベッツがぴょーん
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW