大谷翔平の同僚野手、ナックルの使い手だった!大差の登板で突然披露しデータサイトまで混乱 ファンは「すごい揺れてる」「ガチでいける」
番組をみる »

【MLB】マリナーズ8-1エンゼルス(6月17日・日本時間18日/シアトル)

 大谷翔平投手が今季3度目となる完全休養となった試合で、7点差をつけられた9回、野手のメイフィールドが登板。60マイル(96.6キロ)前後のボールをコントロールよくストライクゾーンに投げ込むと1回を1安打無失点に抑えた。データサイトでは、カーブ・スライダー・チェンジアップを投げ分けていたと表記されていたが、中継のスロー映像をよく確認すると、この中には“魔球”とも呼ばれるナックルまで含まれていた。打者の手元までゆらゆらと揺れる軌道に、ファンが「すごい揺れてるな」「ガチでいけるのでは?」「こいつ抑えでいいだろw」と大盛り上がりになった。

【動画】メイフィールドが投げたナックル

 メイフィールドは、この日は9番サードで先発出場。パンチ力のある打撃も魅力の選手だが、今季は打率が2割を切るなど、調子がなかなか上がっていない。3打席に立ったものの、2つの空振り三振にセンターフライで3打数無安打と結果が出せず、チームも完敗ムードで9回を迎えていた。

 翌日にはダブルヘッダーも控えており、少しでもリリーフの登板を避けたい9回だったが、ここでメジャーではよく見られる大差の試合での野手登板に、メイフィールドが選ばれた。マリナーズの7番フレージャーを迎えた初球、球速は59.2マイル(95.3キロ)と、メジャーの選手であればキャッチボールばりのスローボールだったが、データサイトによればほとんど回転をしていなかった。その後も、同じようにほとんど回転しないスローボールが投じられたが、これを中継局がスローでアップの映像を出すと、実は握りが指で弾くように投げるナックルだった。

 ナックルは、ボールが回転しないことから空気抵抗をもろに受けるため、キャッチャーに届くまでに揺れるように不規則に動くため、打者にとっても厄介極まりないボールと言われている。過去にもこのナックルを投げまくる名投手もいたほどだ。

 大勢決した試合の最終回ながら、メイフィールドがまさかの魔球を披露したことでファンは興奮。「ナックルボーラー!」「メイフィールド中継ぎ転向」と、今後の登板にも期待されていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】メイフィールドが投げたナックル
【動画】メイフィールドが投げたナックル
【動画】これが内野安打?球場から大ブーイングが起きた微妙なプレー
【動画】これが内野安打?球場から大ブーイングが起きた微妙なプレー
【動画】太い腕を見せつけるレンヒーフォ
【動画】太い腕を見せつけるレンヒーフォ
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW