大谷翔平、同点15号3ランでついに感情爆発!打った瞬間ベンチに指差しポーズ「愛してると言いたい」「男でも惚れるだろ」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス11-12ロイヤルズ(6月21日・日本時間22日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場、6回の第3打席に14号3ランを放つと、9回の第5打席にも今季4度目の1試合2発となる同点15号3ランを放った。ホームラン2本に犠牲フライが2本、4打数3安打でキャリアハイの8打点と大爆発したが、同点15号3ランの際には、本人の感情も爆発。打った瞬間にベンチに向かって指差しポーズをするなど、今季一番と言っていいほど興奮した様子が見られ、ファンからも「愛してると言いたい」「男でも惚れるだろ」といったコメントが寄せられた。

【動画】感情を爆発させる大谷翔平

 大谷は“空砲”では喜ばない。1-6と5点を追う6回、8試合ぶりとなる14号3ランを放った際には、会心の当たりに満足げな表情こそ浮かべたものの、ベンチに戻っても笑顔一つ見せなかった。3ランでもまだ2点差。喜んでいる場合ではないとでも言うように、チームメイトとはハイタッチこそ交わしたが、それでもニコリともしなかった。ところが9回に放った同点15号3ランは、14号よりもさらに手応えがあったのか、お約束の「確信歩き」どころか、しばらく打球の行方を打席内で見守る「確信立ち」まで披露。着弾点を見届けると、一塁に向かって走り出すと同時に、ベンチに向かって力強く指差し「これで勝てるぞ!」とばかりに、声も出していた。

 ダイヤモンドを1周して戻ってきた大谷だが、ベンチ内でのリアクションもガラリと変わった。チームメイトの出してきた手をバシバシと叩きまくり、表情も興奮そのもの。大きな声を挙げながらベンチ内を歩き回ると、最後に控えていた仲良し選手のマーシュとも力強く胸と胸をぶつけ合うシーンが見られていた。

 完璧なホームランに闘志溢れる表情。全てが揃った状況に視聴者からも感動の声が続出。「愛してると言いたい」「男でも惚れるだろ」「主人公やん」「泣いてしまったよ」といったコメントが集まっていた。

 キャリアハイとなる8打点を稼ぎ追撃、同点の3ラン2発を放っても、チームは延長戦で競り負けて連敗。ア・リーグ西地区3位に後退した。この状況が続くほど、大谷からは興奮の笑顔が消えてしまう。明日、今季12試合目の投打二刀流となるが、投げて打っての活躍で、この日を超える感情の爆発が見られるか。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】感情を爆発させる大谷翔平
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、同点15号3ランに球場中が総立ち
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン直後に見せた「確信歩き」が背中越しでもかっこいい
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
【動画】大谷翔平、ホームラン性の打球音
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW