今期開幕戦は佐藤康光九段 対 糸谷哲郎八段 独創的な一手が生まれるか 対局開始/将棋・JT杯
番組をみる »

 将棋の将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の今季開幕戦となる1回戦・第1局が6月25日、宮城県仙台市の夢メッセみやぎで行われ、佐藤康光九段(52)と糸谷哲郎八段(33)が対局を開始した。独創的な指し回しが特徴な佐藤九段と、早見え早指しに定評がある糸谷八段。公式戦最速の早指し戦で、どちらが今期最初の勝ち名乗りをあげるか。

【中継】「将棋日本シリーズ」一回戦第一局 佐藤康光九段 対 糸谷哲郎八段

 佐藤九段は、1987年3月に四段昇段。竜王戦2組(1組以上:28期)、順位戦    A級(A級以上:26期)。タイトルは永世称号を持つ棋聖の6期をはじめ通算13期で、棋戦優勝もこのJTプロ公式戦の2回を含め、計12回ある。日本将棋連盟の会長という重責を担いながら、今なおトップ棋士として活躍し続け、順位戦A級では50代唯一の棋士になっている。居飛車、振り飛車どちらも指しこなし、序盤早々から豊かな発想から手が生まれることから「会長」にかけてファンから「怪鳥」と呼ばれることもある。

 糸谷八段は、2006年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組以上:8期)、順位戦A級(A級:5期)。タイトルは竜王の1期で、棋戦優勝は新人王戦で1回。持ち時間の長短に関係なく早指しが特徴的で、長時間対局でも勝敗にかかわらず持ち時間を多く残して終局を迎えることも頻繁にある。序盤で形勢を損ねても中盤、終盤に「妖術」とも言われる手で挽回、いつの間にか逆転しているという将棋も多い棋士だ。

 JTプロ公式戦は前年覇者、タイトルホルダー、賞金ランキング上位者から12人が選出されるトップ棋士たちによるトーナメント戦。持ち時間は各10分、切れたら1手30秒未満、各5分の考慮時間。振り駒の結果、先手は佐藤九段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】「将棋日本シリーズ」一回戦第一局 佐藤康光九段 対 糸谷哲郎八段
【中継】「将棋日本シリーズ」一回戦第一局 佐藤康光九段 対 糸谷哲郎八段
今期開幕戦は佐藤康光九段 対 糸谷哲郎八段 独創的な一手が生まれるか 対局開始/将棋・JT杯