渋川難波、薄氷を踏む優勝でファイナルへ「とにかくうれしいの一言」/麻雀最強戦2022 タイトルホルダー頂上決戦
番組をみる »

 国内最大級のプロアマ参加の麻雀大会「麻雀最強戦2022」のファイナル進出を目指す「タイトルホルダー頂上決戦」が6月25日に行われ、渋川難波が激戦を制して優勝、ファイナル行きを決めた。

【動画】優勝インタビューで喜びを語る渋川難波

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」では公式実況としてもおなじみの渋川だが、今大会では予選A卓で佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)、小林剛(U-NEXT Pirates)といった2人のMリーガーとも対戦。佐々木に次ぐ2位で決勝卓に進んだ。

 決勝卓では、東場から奈良圭純が飛び出す展開になったが、南2局のアガリでついに逆転。南3局でも加点しその差を広げると、ラス親で迎えた南4局では奈良に3900点差という僅差の中、渋川はノーテン。一方の奈良はテンパイで流局した。この時、テンパイしていた河野高志が牌を伏せノーテンとし、佐々木もノーテン、奈良の1人テンパイとなると逆転が発生していたが、河野は手牌を開けてテンパイ宣言。点差は3000点しか縮まらず、900点差で渋川が逃げ切る珍しい結末を迎えた。

 試合後、渋川は「とにかくうれしいの一言です。自分なりの麻雀はずっと打てていたので、焦らずじっくり打てたのが勝因だったかなと思います。みなさまの応援のおかげで勝つことができました。ファイナルではスカッとした勝ち方がしたいです」と意気込みを語っていた。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】優勝インタビューで喜びを語る渋川難波
【動画】優勝インタビューで喜びを語る渋川難波