藤井聡太王位、開幕戦完敗にガックリ 渡辺明名人「僕もあんまり見たことない」/将棋・王位戦七番勝負第1局
番組をみる »

  将棋藤井聡太王位(竜王、叡王、王将、棋聖、19)に豊島将之九段(32)が挑戦している「お〜いお茶杯王位戦七番勝負」第1局が6月29日に行われ、ABEMAの中継には解説者として渡辺明名人(棋王、38)が出演した。シリーズ開幕戦は、豊島九段の深い研究が実り完勝。藤井王位が何度もガックリとうなだれる様子が見られた。この様子に、視聴者は「魂抜けてる…」「見ない表情」。渡辺名人も「僕もあまり見たことがない」とコメントした。

【映像】天を仰いだのち、ガックリうなだれる藤井王位

 絶対王者が大苦戦を強いられた。藤井王位へのリベンジに燃える豊島九段は、事前研究を深めた角換わりの将棋をぶつけた。序盤から早いペースで指し進め、藤井王位の持ち時間を削り取った。圧倒的な終盤力を誇る藤井王位をもってしても、差を詰め逆転まで迫ることはできず完敗。対局2日目には、藤井王位が何度もガックリと肩を落とす様子が見られた。

 ABEMAの中継に出演した渡辺名人は「藤井さんがぼやいたり、苦しんでいるところはあまり見たことがない。藤井王位の場合はあまり苦しい局面になることが少ないから。僕もあんまり(藤井王位を)苦しくしたことがないから、そもそも苦しんでる様子を見たことないんですけど(笑)」とコメント。渡辺名人は藤井王位とこれまでに棋聖戦五番勝負を2期、王将戦七番勝負を1期戦い、1勝11敗と大きく差を付けられているだけに、今後の巻き返しのチャンスを狙っている。

 藤井王位が2日制のタイトル戦で黒星を喫したのは、昨年6月の王位戦七番勝負第1局の豊島竜王(肩書は当時)戦以来、約1年ぶり。藤井王位が苦し気に考慮する姿を見たファンからは、「めっちゃガックリしてる」「うーん苦しそう」「すーん、見れなさそうね」「魂抜けてる」「あまり見ない表情だわ」と複雑な反応が上がっていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【映像】天を仰いだのち、ガックリうなだれる藤井王位
【映像】天を仰いだのち、ガックリうなだれる藤井王位
渡辺明名人「このくらいは普通」 トップ棋士の思考解説にファンは「ばっさり」「名人に普通って言われてもw」と困惑/将棋・王位戦七番勝負第1局