大谷翔平が「怖っ!」 キレすぎスプリットで打者のバットが“すっぽ抜け” 球場騒然も「それよりあのスプリットよww」驚嘆の声
【映像】大谷の“キレすぎ”スプリット »

【MLB】マーリンズ-エンゼルス(7月6日・日本時間7日/マイアミ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場。3回裏に見せた圧巻のスプリットで空振り三振に倒れた打者のバットがベンチ前まで“すっぽ抜け”る珍しいシーンがあり、その瞬間、大谷は「怖っ!」と身をかがめて驚きのリアクションを披露したが、視聴者からは「いや、それよりあのスプリットよww」とスプリットのキレに対する驚きの声が多く寄せられた。

【映像】大谷の“キレすぎ”スプリット

 初回、無死二、三塁から犠牲フライを許して連続イニング無失点が「22」で途絶えた大谷。しかし、2回を無失点に抑えて迎えた3回のマウンド。1死ランナー無しで迎えたのはマーリンズ3番のクーパー。

 ストレートを2球ファウルで粘られて迎えた2ストライク1ボールからの5球目は、アウトコース低めに鋭く落ちる89.7マイル(約144.4キロ)のスプリットだ。これを強振したクーパーだったが、バットは空を切る。すると、ボールではなく、すっぽ抜けたバットが弧を描き自軍ベンチ前まで勢いよく飛んで行った。

 この日2つ目となる三振を奪った瞬間、スタジアムは騒然となり、大谷は身をかがめて「怖っ」「危ない」といったリアクションを見せたが、試合を中継したABEMAの視聴者からは「いや、それよりあのスプリットよww」「えぐい」「すげぇ球」など、スプリットのキレに対する驚嘆の声が多数を占めた。

 今季14度目の二刀流登板で自身8勝目、さらにチームの5連敗阻止なるか。試合は5回、エンゼルスがトラウトの押し出しデッドボール、大谷の勝ち越し2点タイムリーなどで試合をひっくり返してマーリンズ先発のロジャーズをマウンドから引きずり降ろしている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷の“キレすぎ”スプリット
【映像】大谷の“キレすぎ”スプリット
【映像】すっぽ抜けて「美しい弧」を描くバット
【映像】すっぽ抜けて「美しい弧」を描くバット
SPOTV NOW
SPOTV NOW