木村一基九段が後手番でブレイク!池永天志五段を破りチーム勝利に王手/将棋・ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦第2試合、チーム三浦とチーム斎藤の対戦が8月6日に生放送された。チームスコア3-3で迎えた第7局は、チーム斎藤・木村一基九段(49)がチーム三浦・池永天志五段(29)に勝利。4-3でチーム勝利に王手をかけた。

【中継】本戦1回戦でチーム三浦とチーム斎藤が激突

 勝てばチームの勝利に王手がかかる大勝負。終盤戦の第7局は、第1局と同じ対戦カードとなった。池永五段は中5局を開けての登場。約4時間が空いて迎えた出番だが「チームメンバーの戦いを見ていて思うところもある。落ち着いて指したい」と冷静だった。一方、これが最後の登板となる木村九段は、「緊張度が高まっている。(1局目に)負かされた相手なので返したい。チームとしても急所の一局。悔いのないように指したい」と熱い気持ちをのぞかせた。

 池永五段の先手番で、戦型は角換わりに。互いに時間を慎重に使って、本局も互いに攻め合いとなった。池永五段が攻めきるかと思われたが、木村九段の受けの力強さが光り、最後は一瞬の隙をついて攻めに回った木村九段が一気に寄せ切った。これまでの6局はすべて先手が勝利していたが、ここで後手がブレイク。大きな一勝をつかみ取った。

 木村九段は「良い結果になりホッとしている。先後(先手勝ち)は私が第1局で負けて作った流れ。良い形で2人にバトンタッチできる形になって良かった。この後もしっかり応援したい」と明るい笑顔を見せた。一方、池永五段は
「ひどい将棋だった。この大きな一番でこの将棋は良くなかった」と肩を落としていた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 一回戦 第二試合 チーム三浦VSチーム斎藤
【中継】第5回ABEMAトーナメント 本戦T 一回戦 第二試合 チーム三浦VSチーム斎藤
三浦弘行九段が佐々木勇気七段に連勝!チームスコア3-2で再びリードを奪う/将棋・ABEMAトーナメント