カーフで足が“ぐにゃり” 衝撃ダウンに実況絶叫 「エグい」「壊される」視聴者も騒然
【映像】足が“ぐにゃり”の衝撃カーフ »

 極真世界王者が見せた殺人カーフ。1発で足が“ぐにゃり”となって相手が顔を歪め悶絶ダウン。下に意識が行ったところで、今度は左アッパーをズドン。上体が“ぐにゃり”と雪崩のように崩れる衝撃KOに会場がどよめいた。

【映像】足が“ぐにゃり”の衝撃カーフ

 8月11日に福岡国際センターで開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~」で、与座優貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と篠原悠人(DURGA)が対戦。試合は2ラウンド、与座がカーフキックで最初のダウンを奪うと、一転して左アッパーで2度目のダウンを奪って完膚なきKO勝利を収めた。心も足も砕いた極真仕込みの破壊的カーフに「痛くて叫んでるよ」「エグい」「壊される」など視聴者も騒然となった。 

カーフで足が“ぐにゃり” 衝撃ダウンに実況絶叫 「エグい」「壊される」視聴者も騒然

 極真空手軽量級世界王者の与座は、昨年12月のKrushデビュー戦で蓮見光をハイキックでKOして鮮烈デビュー。さらに今年2月、K-1のリングに上がると現ライト級王者・朝久泰央とのノンタイトル・ワンマッチで大金星をあげた。わずか3戦で朝久とのタイトルを賭けたリマッチ実現も、注目の一戦は朝久の負傷で中止に。急遽対戦相手となったのが、ライト級3連勝中と勢いに乗る篠原だ。いずれにしても激戦区の次期挑戦者を占う重要な試合。

 序盤、フレームで勝る篠原とガッチリとガードを固め前へ出る与座。対する技巧派の篠原も長身を活かして打ち下ろすような打撃で対抗していく。

 2ラウンド、与座がさらに距離を縮める。相手をコーナーに追い込むと、右ローで軸足を崩すし、追い打ちのカーフキックを左足に打ち込む。すると篠原の足が“ぐにゃり”と崩れ落ちて悶絶ダウン。なんとか立ち上がるが篠原の足元はフラフラ、ダメージの大きさはかなりのものだ。

 このシーンに実況も「カーフ一撃!」と絶叫。その破壊力にコメント欄も「極真の下段えぐいな」「壊される」「足折れたんじゃないの…」などと反応。

 さらに与座は容赦の無い追い打ちをかける。足が効いたか上半身でパンチがやっとの篠原に、じわじわと前に出て圧をかけた与座は、再びコーナーに追い込むとパンチの連打から左アッパーを一閃。篠原が一度前によろめきながらフラフラとロープを伝うと、篠原の様子を見たレフェリーが続行は危険と判断して即試合を止めた。

 スローリプレイでも衝撃シーン。最初のカーフでのダウンで顔を歪めながら崩れ落ちる苦悶の表情の篠原。さらに2度目のダウンでは軸の左足があらぬ方向に崩され、支えきれずに上半身が前のめにりなって不自然にぐにゃり。その映像を目にした視聴者からは「足が痛くてダウンか」「足完全に壊されたな」「痛くて叫んでるよ…」と絶句。試合終了後もコーナーで顔を歪め続ける篠原の姿が、そのダメージの大きさを物語っていた。

魔裟斗「うぉ、効いてる!」カウンターの右ハイで衝撃ダウン コーナーに“串刺し”KO劇に反響
【映像】足が“ぐにゃり”の衝撃カーフ
【映像】足が“ぐにゃり”の衝撃カーフ
篠田麻里子、ラウンドガールで「可愛すぎやろ」「素敵です」視聴者騒然
篠田麻里子、ラウンドガールで「可愛すぎやろ」「素敵です」視聴者騒然
魔裟斗「うぉ、効いてる!」カウンターの右ハイで衝撃ダウン コーナーに“串刺し”KO劇
魔裟斗「うぉ、効いてる!」カウンターの右ハイで衝撃ダウン コーナーに“串刺し”KO劇