里見香奈女流五冠、注目の編入試験は黒星発進 気鋭・徳田拳士四段に敗れる/将棋・棋士編入試験五番勝負第1局
番組をみる »

 将棋の里見香奈女流五冠(30)が挑む棋士編入試験五番勝負が8月18日に行われ、第1局は試験官を務める徳田拳士四段(24)に127手で敗れて黒星発進となった。史上初、「女性の棋士」誕生に向けた大注目の五番勝負開幕局。里見女流五段得意の「中飛車」の出だしとなったが、徳田四段に抑え込まれ手痛い一敗を喫した。第2局は9月22日、岡部怜央四段(23)と戦う。

【動画】鋭い視線で盤上を見つめる里見香奈女流五冠

 先手番となった徳田四段の居飛車に対し、後手の里見女流五冠は得意の中飛車と対抗形の出だしに。先手は銀を繰り出し攻めの形を整えた。中央地点で互いの銀がぶつかりいよいよ開戦。里見女流五冠も工夫の手を随所で披露するなど、本局に向けた広く深い研究をのぞかせた。

 しかし、駒を積極的に前進させ自を広く整備した徳田四段がペースを握ると、中盤以降じわじわとリードを拡大。激しい攻め合いから、最終盤まで里見女流五冠は猛攻の姿勢を見せたが冷静に対応。徳田四段が落ち着いた指し回しで制圧した。

 終局後、里見女流五段は「駒損となってしまい、苦しかったです」と悔しそうな表情を見せた。しかし、「注目していただけるのはすごく嬉しいこと。こういった大きな舞台で指せることはなかなか無いので、次局以降もしっかり準備して挑めたらと思います」とすぐに前を向いた。

 一方、棋士としての貫禄を示した徳田四段は、「最後までよくわからなかった。1局目なので先後もわからず準備するのは難しかった。目の前の対局を一生懸命やりながら今日に向けて少しずつ備えていました」と振り返り、「新人で、こうした注目局に携われることは少ないので、こういう経験ができて光栄でした」とコメントした。

 この結果で、棋士編入試験五番勝負は黒星発進。里見女流五冠は3勝すれは合格となり、将棋界で初めて女性の棋士が誕生することとなる。次局で試験官を務める岡部四段とは奨励会三段リーグ時代に1局対戦経験があり、里見女流五冠が敗れている。厳しい道のりとなるが、注目の第2局は9月22日に予定されている。
ABEMA/将棋チャンネルより)

姉・里見香奈女流五冠の大勝負を支える妹・咲紀女流初段「緊張、私も強い思いがある」と声震わす 視聴者も「心から応援」「伝わってきます」/将棋・棋士編入試験
【動画】鋭い視線で盤上を見つめる里見香奈女流五冠
【動画】鋭い視線で盤上を見つめる里見香奈女流五冠