大谷翔平の出場試合でファウルボールが美人レポーターを直撃「あぁ、あぁ!」実況も驚き
【映像】美人レポーターを襲ったアクシデントの瞬間 »

【MLB】エンゼルス3-2レンジャーズ(10月1日・日本時間2日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場したこの試合。相手打者が放ったファウルボールがベンチ脇で待機していたお馴染みの美人レポーターを直撃。その瞬間を実況が驚きを交えて伝える一幕があった。

【映像】美人レポーターを襲ったアクシデントの瞬間

 問題の場面はエンゼルスが1-0と1点リードで迎えた5回表。1死走者なしで打席にはレンジャーズ5番のジャンが入る。その2球目、三塁線へファウルを放つと、ベンチ脇で出番に備えていたエンゼルス放送局「バリースポーツ・ウエスト」レポーターのエリカ・ウエストン氏の元へ。これに驚いたABEMAの視聴者から「エリカ大丈夫か〜」「俺のエリカに!」「エリカ様に何するんダァー!!」と心配の声が殺到した。

 ジャンの凡退後、改めてリプレー映像が流れると、実況の近藤祐司氏が「あぁ、あぁ!バウンドして、エリカレポーターに当たりました」とようやく事態を把握。さらにエリカ氏のレポートを翻訳して「『私は大丈夫です。みんな、なんとか回避できました』」と無事を伝えた。

 これを聞いた視聴者からは「エリカは俺が守る」「エリカさんは美人ね」とまた反響が続き、美人レポーターの無事に安堵。試合はエンゼルスが3-2で6連勝。思わぬアクシデントにも気丈に振る舞ったエリカ氏は試合後、殊勲打を放ったソトに対して、いつものようにインタビューを行っていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】美人レポーターを襲ったアクシデントの瞬間
【映像】美人レポーターを襲ったアクシデントの瞬間
大谷翔平、“ノーノー”が途切れた直後に若手野手を気遣う エースの風格に「なんか泣けてくる」「かっこよすぎてワケがわからん」称賛の声 
大谷翔平、“ノーノー”が途切れた直後に若手野手を気遣う エースの風格に「なんか泣けてくる」「かっこよすぎてワケがわからん」称賛の声 
「食らった~」大谷翔平が最高の笑顔、美人レポーターは“神回避” 手荒い祝福に「大谷うしろー!」「逃げ足の速さよww」
「食らった~」大谷翔平が最高の笑顔、美人レポーターは“神回避” 手荒い祝福に「大谷うしろー!」「逃げ足の速さよww」
SPOTV NOW
SPOTV NOW
「食らった~」大谷翔平が最高の笑顔、美人レポーターは“神回避” 手荒い祝福に視聴者騒然