師匠、私は強くなりました!魚谷侑未が開幕戦トップ 鈴木優に見せた“格の違い”/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 成長の証を、この大舞台で見せつけた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10月3日の第1試合、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)がトップを獲得。プロ入り以前に師事していたU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)が今期から参戦し、早速この開幕カードで“師弟対決”が実現、ファンからの注目も集まっていた中で、見事なトップ。試合後はリップサービスも飛び出した。

【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人

 この試合はTEAM雷電・萩原聖人(連盟)、魚谷、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、鈴木優の並びで開局。魚谷は東1局、ペン7筒と待ちは苦しいものの、ドラを2枚持ったチャンス手でリーチ。これに追っかけリーチをかけた鈴木優からロン、リーチ・ドラ2の5200点をゲットし、初アガリを決めた。

 東3局にはダマテンでもツモれば満貫、役ありのチャンス手を積極的にリーチ。これを一発で引き寄せ、リーチ・一発・ツモ・一盃口・ドラ2・裏ドラの1万2000点を追加した。その後、佐々木の親跳満で一度は逆転を許すも、南4局2本場でその佐々木がラス親の鈴木優へ放銃したことでトップが入れ替わり、同3本場で萩原がアガってゲーム終了、魚谷が開幕戦の勝利を手に入れた。

 勝利者インタビューではまず安堵の笑顔。試合内容については「横の決着でトップが回ってきて、ラッキーだった」と、幸運にも恵まれた勝利を振り返った。試合前には「(対局に)全てを注ぎ込もうというモードに入っていた」と語り、鈴木優との“師弟対決”には「とりあえず格の違いを見せつけたということで」と舌も滑らか。「今回は本当に運が向いていて、良かったなあとは思ったんですが、まだまだこれから対戦することもあると思うので」と、これで気は緩まないことを強調した。

 ファンへ向けては「最初にこの場所(勝利者インタビュー)にやって来たのがセガサミーフェニックスで、とても嬉しく思います。まずはとりあえずいいバトンをチームにつなげたので、ここからすごく長い試合になっていきますので、気を抜かずに、チーム一丸となって戦っていきたいと思います。今シーズン、目指すは優勝です!」と語りかけて決めポーズ。ファンからは「ゆーみんおめでとう!」「やったね!頑張ろう!」「ここからもフェニックス突っ走ろ!」「ことしも痺れる麻雀魅せて」と多くのエールが寄せられた。

 チームは過去4シーズンで2度の準優勝。悔し涙を流すより、頂点に立って笑いたい。頼れるマーメイドが、最高のスタートを切った。

【第1試合結果】

1着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)4万400点/+60.4
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)3万8200点/+18.2
3着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)2万2900点/▲17.1
4着 U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)-1500点/▲61.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情