いきなり役満・今期1号!伊達朱里紗、四暗刻の快挙 開幕初日の達成はリーグ5年目で初「凄すぎん!?」「開幕戦でこれやべえ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これ以上ないロケットスタートだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10月3日の第2試合、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)が役満・四暗刻を決めてトップ。開幕初日の達成はリーグ5年目で初となる快挙で、この日を楽しみに待っていたファンは熱狂。“伊達ちゃん”はTwitterでトレンド入りを果たした。

【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻

 役満が飛び出したのは南2局。3巡目にタンヤオ・一盃口のテンパイが入るがこれは取らず、役満・四暗刻に向けて一直線。6巡目に2・5筒と二万の変則三面張でテンパイすると、周囲の動きを見て7巡目、長考の末にツモ切りリーチ。9巡目、高目の5筒をツモって四暗刻、3万2000点を手に入れた。

 開幕初日の役満達成はリーグ5年目で初。昨期はシーズンを通して1度きり(3月22日第1試合、佐々木寿人が四暗刻)だった役満が、初日に飛び出した。視聴者もこれには大盛り上がりで「初日から役満出たか!」「かっけーーー!」「これはすごいな!!!!」「凄すぎん!?」「開幕戦でこれやべえ」「お見事!!この人の胆力は凄いね」とコメントが殺到。実況の日吉辰哉(連盟)は「今年も伊達か!」と驚き、さらには「麻雀をやるために生まれてきた女と言っていい!」。解説の土田浩翔(最高位戦)も「お見事!」と褒め称えた。

 ファンが待ちに待った開幕日で、いきなり役満。Twitterでは“伊達ちゃん”がトレンド入り。この衝撃はしばらく収まらず、次局に入っても実況・解説の2人とコメント欄は、伊達の話題で持ち切りとなっていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情