開幕2日目で“園田賢劇場”は絶好調 今期初戦トップで舌もフル回転「よーしゃべる」「キレッキレやな」ファンを麻雀で魅了、トークで爆笑/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 麻雀賢者と呼ばれる理論派雀士ならではの、危なげない打ち筋。赤坂ドリブンズの園田賢(最高位戦)が、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10月4日の第1試合に初登板して、大事なチームの初戦を勝利で飾った。

【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢

 起家からEX風林火山の二階堂瑠美(連盟)、渋谷ABEMASの松本吉弘(協会)、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)、園田の並びでスタートした当試合、園田は東1局から積極的に攻めた。岡田がドラの發をポンしている状況で、果敢に7巡目にリーチ。これを難なくツモってリーチ・ツモ・白の4000点を獲得すると、続く東2局ではギアを一気に上げた。親の松本が中を早々に鳴いて仕掛ける一方、園田も負けじとイーシャンテンから岡田が捨てた四万をチー。アガればタンヤオ・三色同順・赤・ドラの手で構えると、そのアガリ牌が松本から零れ落ちて8000点を奪取した。

 南2局では逆転を狙う親の松本が鳴きを駆使して高打点を狙うも、ヤミテンで息をひそめる園田は瑠美から平和のみの1000点をアガって、これを阻止。南3局では3軒リーチ、自身が親の南4局では松本と岡田のリーチを巧みに潜り抜け、最終的にはノーテン流局で逃げ切りを決めた。

 「最近、最初のトップまで時間がかかっている。とっととトップを取りたい」。試合前の意気込み通り、しっかりとトップで試合を終えた園田は、インタビューでも絶好調。満面の笑みで「気合が入りまくってましたね。なにが気合って…」と質問がなくとも勝手に話し始めると、リポーターの松本圭世に「簡潔に…」と苦笑いされるほどで、これにはファンも「ニコニコで草」「うれしそう」「よーしゃべる」「キレッキレやな」「校長先生の話」「ながいながいwww」などと大ウケの様子だった。「今年は麻雀の内容と結果で楽しんでもらいたい」。シーズン開始前にこう宣言した園田だったが、やはり園田賢劇場は健在。今シーズンも、あらゆる局面で大いにファンを楽しませてくれそうだ。

【第1試合結果】

1着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)3万7300点/+57.3
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)2万6600点/+6.6
3着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)2万3400点/▲16.6
4着 EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)1万2700点/▲47.3

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳