針のむしろは魔法で抜ける 園田賢、3軒リーチを神回避「アツかった」「ないすぅ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 赤坂ドリブンズの園田賢(最高位戦)が10月4日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合に出場。絶体絶命の3軒リーチを華麗に潜り抜けて、ファンを唸らせる場面があった。

【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢

 チームの大事な初戦を任されたのは、麻雀賢者・魔法使いなどの異名を取る園田だった。東1局から積極的に攻めてリーチ・ツモ・白の4000点を獲得すると、続く東2局では渋谷ABEMASの松本吉弘(協会)からタンヤオ・三色同順・赤・ドラの8000点を奪取。東3局でもタンヤオのみの1000点を加点し、3連続アガリで試合を支配した。そんな園田にピンチが訪れたのは南3局だった。早々に中を鳴き、この局も優位に進められるかと思いきや、ツモに恵まれずに足踏み。この間に親であるKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)がリーチをかけると、すぐさまEX風林火山の二階堂瑠美(連盟)も応戦し、その直後には松本も追随した。岡田は五万・八万、瑠美は4筒・7筒、松本は1筒・4筒の待ち。実況や解説も「これはすごい戦いだ」と興奮する中、中を鳴いた際に北を切ったことで安牌がない園田は、長考の末に5筒を捨てて回避すると、程なくして瑠美が松本の当たり牌の1筒を引いてしまい、白熱の同局は終了した。

 この、これぞプロの技とも言える選択にはファンからも「アツかった」「うおおおおおおお」「ないすぅ」「園田ピンチ回避した」「園田ひやひやしただろうな」などとコメントが殺到。ほかにも随所で被弾を防ぎ、結果的に勝利を手にした園田もインタビューで「気合が入りまくってましたね。なにが気合って、あの3軒リーチに挟まれて、あの5筒を切ったのは気合ですよ」と加点以上に効果的だった局面を自ら振り返ると、再びファンから「流石やわ」「構想力が完璧」「普通に勉強になる」「読めてるなぁ」といった投稿が続いた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳