スタイル抜群“ランウェイ入場”にファンも興奮!モデル雀士・岡田紗佳の歩きっぷりに視聴者歓喜「スタイル良すぎ」「はい優勝」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグにおける”サクラ”の開花は、今期も岡田紗佳(連盟)が担当した。10月4日のプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」では赤坂ドリブンズ、EX風林火山、KADOKAWAサクラナイツ、渋谷ABEMASの4チームが対戦。第1試合、昨期に続いて大事なチームの初戦を任されたKADOKAWAサクラナイツの岡田は、入場シーンでランウェイを思わせるお馴染みのパフォーマンスを見せ、その妖艶な仕草には多くのファンからコメントが殺到した。

【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳

 選手の入場シーンは、個性が表れる場面のひとつでもある。昨今は各選手が様々な工夫を凝らしており、それを楽しみにしているファンも多いが、やはりモデルとしての顔も持つ岡田の佇まいは別格だった。この日は肩肘を突くような仕草からカメラに視線を向けて軽く微笑むと、続けて両手を重ねつつ深々とお辞儀。その後に美しくも軽やかに卓へと向かう姿は、まるでファッションショーかのような華やかさだった。

 今年も、KADOKAWAサクラナイツのユニフォームはデザインが変わった。昨期はMリーグ開幕戦に登板したこともあり「盛り上げたいな」との気持ちから、新ユニフォームの“お披露目”もかねて入場シーンからばっちり決めたという。今期については「2日目ですから、どうしますかね」としていたものの、結果的にはファンも「モデルポーズいいね」「スタイル良すぎ」「綺麗だ」「はい優勝」「ガチの美人さん」などと興奮するほどのランウェイ入場で、昨期の初戦に勝るとも劣らない盛り上がりを演出。試合は惜しくも3着と振るわなかったが、次回の登板では、試合でもファンを魅了してくれることだろう。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】試合後にしゃべりまくる園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】窮地に頭をフル回転させた園田賢
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳
【映像】颯爽としたモデルウォークで現れた岡田紗佳