早くも“裏3解禁”日向藍子、チーム初トップでニッコニコ 絶好の裏ドラ3枚に「乗り過ぎ」とうれしい悲鳴/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 まさしく有言実行だった。渋谷ABEMASの日向藍子(最高位戦)が10月4日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第2試合に出場して、チームに今期初勝利を持ち帰った。

【映像】試合後に晴れやかな表情を見せた日向藍子

 昨年、日向は苦戦した選手の一人だった。「かなり苦しかった。リーチもツモも言えなくて、裏ドラも全く乗らなかった印象」。それだけに、試合前には「今年はいっぱいツモって裏ドラを乗せます」と意気込んでいた。そんな当試合は、起家からKADOKAWAサクラナイツの渋川難波(協会)、EX風林火山の二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズの鈴木たろう(最高位戦)、日向の並びでスタート。東1局ではたろうが4000点、東2局では親の亜紀が6000点をアガる一方で、日向が魅せたのは東2局2本場だった。ピンズ1面子、赤の五万がある配牌から打ち進め、2巡目で早々にイーシャンテン。その後、”らしい”打ち筋で形を整えると、2筒・5筒の両面待ちでリーチをかけた。

 この時点では、役はリーチ・平和・赤の3翻。トップと1万2400点差で3着目に付ける日向にとっては自身を勢い付ける攻撃と言ったところだが、幸運にも、そのトップの亜樹からアガリ牌の2筒が零れ落ちると、めくった裏ドラは順子と頭で3枚持つ五万というミラクル。一気にリーチ・平和・赤・裏ドラ3の跳満・1万20000点(+600点)まで跳ね上がり、ファンを「裏3禁止」「平和の裏3はズルい」「ナイス跳満」「これは高い」「早くも裏技の裏3」などと熱狂させた。これで逆転トップに躍り出た日向は、南2局でもたろうから5200点を加点し、放銃ゼロで逃げ切り。試合終了の瞬間には唇を噛みしめ、今期初登板での初勝利にしてチームの初勝利を実感した。 

 「ホッとしました」。勝利者インタビューで安堵の表情を浮かべた日向は、「嬉しいです」「まず、嬉しいが今はいっぱいです」とコメント。裏ドラが3つも乗った件については「あれはラッキーですね。裏3は乗り過ぎ」と笑顔を浮かべ、裏ドラに恵まれなかった昨年をイジられた際には「そうですね」とし、「全国で愚痴りました。イベント会場で」と苦笑いを浮かべた。「1つでも着順を上に…は当たり前なんですけど、100点でも多く持ち帰れるように粘り強くなりたい」。改めて今期の抱負を述べた日向は、「ABEMASは本日開幕戦で、(第1試合の)松本選手がラスじゃないかってところから、競り勝って2着までプラスにしてくれたので、さらに上乗せできてうれしく思います」と発言。「ABEMASは決勝によく残っているんですけど、決勝が当たり前ではなくて、優勝がないことをしっかりと受け止めて、謙虚な気持ちで、挑戦者の気持ちで臨みたいと思います」とも続け、「今シーズンもよろしくお願いします」とファンに頭を下げたが、最後にはお馴染みの決めポーズをうっかり忘れ、リポーターのツッコミに照れ笑いを浮かべる場面もあった。

【第2試合結果】

1着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)3万7700点/+57.7
2着 KADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)3万700点/+10.7
3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)1万6900点/▲23.1
4着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万4700点/▲45.3

【10月4日終了時点での成績】

1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +97.0(2/94)
2位 渋谷ABEMAS +64.3(2/94)
3位 赤坂ドリブンズ +34.2(2/94)
4位 セガサミーフェニックス +24.6(2/94)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲5.9(2/94)
6位 U-NEXT Pirates ▲46.6(2/94)
7位 TEAM雷電 ▲75.0(2/94)
8位 EX風林火山 ▲92.6(2/94)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後に晴れやかな表情を見せた日向藍子
【映像】試合後に晴れやかな表情を見せた日向藍子
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波