“公式解説”から選手でデビュー 渋川難波、オーラスで2着浮上の意地「80点はあげてもいいかな」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 及第点の滑り出しだった。KADOKAWAサクラナイツの渋川難波(協会)が10月4日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第2試合にMリーガーとして初登板。記念すべき初戦を2着で終え、安堵の表情を浮かべた。

【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波

 昨期までMリーグの公式解説を務めた渋川は、沢崎誠(連盟)に代わって、今期よりチームに加入した。「しっかり腕を振って攻め切りたい」。試合前に意気込んだ渋川は実際、試合前には「めちゃくちゃ緊張していた」という。「誰が見てもガチガチ」な状況だったが、東1局、解説の藤崎智(連盟)が「声が出ている」と感心した通り、威勢よく白をポン。この瞬間、「いつも通り鳴いて行けたんで、麻雀はちゃんとできる」と確信し、「そこから普段通り、打てた」のだそうだ。「南3局までは、やべえなって思っていた」。緊張はほぐれたものの、展開にはなかなか恵まれず、ようやく本領を発揮したのは終盤だった。南3局でタンヤオ・赤2・ドラの満貫・8000点をヤミテンで構えて成就させると、続く南4局でもリーチ・一発・平和・裏ドラの連続満貫。この2回のアガリで4着目から3着目、3着目から2着へと浮上し、Mリーグデビュー戦を終えた。

 「なんとか1つでも上の着順を…と思ったら2着まで行けたんで、本当に上出来だと思います」。試合後にインタビューを受けた渋川は、自身で内容を振り返りつつ、「解説者からプレイヤーになったということで、あんな偉そうな解説をしていたやつがどんな麻雀を打つんだと興味津々だと思うんですけど、あまりプレッシャーをかけずに、のびのびと長い目で見ていただけたらいいなと思っています」とコメント。続けて、「少しでもプラスにして、チームの優勝に貢献したいと思いますので、応援よろしくお願いします」とファンに頭を下げた。「今日は、80点はあげてもいいかな」。もう、緊張はしない。次回登板からは武器である思い切りのいい打ち筋で、100点満点を取ってくれることだろう。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後に晴れやかな表情を見せた日向藍子
【映像】試合後に晴れやかな表情を見せた日向藍子
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波
【映像】デビュー戦を振り返る渋川難波