日本フライ級のトップランナー・若松佑弥が8カ月ぶりの試合を迎える。11月19日のONE Championship「ONE163」シンガポール大会。韓国のウ・ソンフンとの対戦だ。前回は3月にONEフライ級世界王座に挑戦。アドリアーノ・モラエスに一本負けを喫している。

 9月の再起戦は、対戦相手の体重オーバーで流れてしまう。さぞかし鬱憤がたまっているだろうと思いきや、若松自身は切り替えができているようだ。肉体的にも精神的にも一度リセット。流れた試合も勝ったと思っている。

「僕は相手が何kgオーバーでもやりたかった。でも相手がやれないと言うならそれまでです。結局、前提としてビビってるから体重を落とせないし、試合ができないんだと思います。 自分に打ち克って、体重を落として万全のコンディションで試合に出る。その全体、日々の練習から闘いなので。それができないということは己に負けてるということ。その時点で弱いんです」

 そんな若松は、タイトルマッチでの敗北について「単純に僕のほうが弱かった。心技体の心が足りなかったです」と言う。

「ミスをしてはいけないと、気持ちが守りに入ってました。持っているカードを出せなかった。自分に自信がなかったですね」

 なぜそうなったのか。「MMAができるようになった」からだと若松。もともと、彼はアグレッシブなストライカーだ。「相手を叩きのめすスタイル」だったと本人も言う。

パンクラスに出ていた頃はパンチしか使ってなかったですね。よくあれで勝ててたなと思います。でも、それが相手にとって脅威だった」

 逆に最近はうまくなった分、リスクにも敏感に。技術は上がったが“攻める怖さ”を知った。ヘタだから強いということもあるのが格闘技の面白さ、難しさだ。

「うまくなったところで落とし穴がありました。でも今は一周して、一皮むけたかなと」

■「武士道を体現したい。日本人の強さを見せたい」

 MMAとしてのトータルな闘いという軸ができ、その上で自分らしさを発揮する。ファイターとしての段階が一つ上がったということだ。今回の試合も、単に勝つだけではいけないと考えている。

「勝つだけだったら簡単だと思うんですよ。ゲームとしての試合に勝つなら。でも相手を倒したい、斬りたいです。(ONEのCEOである)チャトリも言ってるように武士道を体現したいです、日本人の強さを見せたい。1秒でも早く相手を失神させるか“まいった”させたい」

 格闘技は修行だと若松。毎日の練習の中で精神も鍛え上げてきた。

「毎日、自問自答しながらキツい練習をしてきました。練習はキツくなってからが勝負だと」

 日々、自分の限界を超える。昨日の自分を超える。そうして強くなってきたという自負が若松にはある。強くなろうとし続けなければ強くなれない、とも考えている。

「人間はもともと弱いと思うんです。だから強くなろうとしなくては。野生動物と違って知能がありますから。強くなろうとしないと、どんどん甘えてしまうのが人間。でも健康に生まれてきて、頑張ることができるので。それができない人だっているんですから。頑張らないと」

 再度のタイトル挑戦まで3つ勝てと言われたら勝つだけ。目の前の相手を倒すと誓う若松。その闘いには彼の生き方そのものが詰まっている。

文/橋本宗洋

【ONE163視聴詳細】若松佑弥、武士道を体現する試合へ
【ONE163視聴詳細】若松佑弥、武士道を体現する試合へ
【ONE】「アントニオ猪木がやろうとしてきたことをやる」青木真也、ONEでの大勝負で見せる“生き様” 
【ONE】「アントニオ猪木がやろうとしてきたことをやる」青木真也、ONEでの大勝負で見せる“生き様” 
【ONE】秋元皓貴、初防衛戦に覚悟と意気込み「このベルトが本当の世界一」「階級で最強、無敵のチャンピオンに」
【ONE】秋元皓貴、初防衛戦に覚悟と意気込み「このベルトが本当の世界一」「階級で最強、無敵のチャンピオンに」