「うちの弟子が強すぎて…」藤井聡太竜王の師匠・杉本昌隆八段の贅沢な悩みに棋士陣苦笑い ファンは爆笑「自慢かな!?w」「これはバチバチ」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 「ABEMA師弟トーナメント2022」の開幕に先立ち、師匠8人が集まり将棋界の師弟関係について語る「師匠サミット」が11月19日に放送された。注目は初参戦の杉本昌隆八段(54)。愛弟子の絶対王者・藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)とタッグを組み、優勝を狙う。師弟サミットでは「弟子が強すぎて…」と贅沢な悩みを吐露する場面も。視聴者は「自慢かな!?w」「一番忙しいからねw」と大爆笑の様子だった。

【動画】強すぎる弟子・藤井竜王についての悩みを相談する杉本八段

 トークテーマは「あの一門のここがうらやましい」。畠山鎮八段(53)は「中田功八段は弟子が多くて羨ましい」、谷川浩司十七世名人(60)も「同様に弟弟子の井上慶太九段も弟子がたくさん。弟子の都成(竜馬七段)にはその環境を作ってやれなかった」などの声が上がった。

 杉本八段が事前アンケートに寄せた回答は「研究会や仕事など師匠が弟子に代役を任せられる一門がうらやましい。うちは“代役”が強すぎて、気軽に頼めない」。もちろん弟子で最強五冠王の藤井竜王を指しての発言ながら、何とも贅沢な悩み。対局などの都合で研究会に参加できない場合、弟子に代打を依頼することが一般的とされているが、「弟子の藤井竜王の場合、経験は私より多い気もしますし、研究会の代役を気軽に頼めない。パートナーの人は、私より弟子に来てほしいと思っているのもわかるんですが…」と複雑な思いを吐露していた。

 これにはほかの師匠たちも爆笑。高野智史六段(29)を弟子に持つ木村一基九段(49)は「うちは普通に(高野六段に)頼んでますよ。そういう点では気楽って言っちゃなんですが、頼みやすいですね」。佐々木大地七段(27)の師匠・深浦康市九段(50)は「佐々木に代役を探させたり、非常に重宝しています。相談しやすい弟子ですね」と答えていた。視聴者からは「自慢かな!?w」「一番忙しいからねw」「贅沢な悩みすぎるww」「これはバチバチですわw」「弟子自慢大会やんw」と多くの反応が寄せられていた。

◆ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】強すぎる弟子・藤井竜王についての悩みを相談する杉本八段
【動画】強すぎる弟子・藤井竜王についての悩みを相談する杉本八段
【動画】中田功八段が紹介した佐藤天彦九段の秘話
【動画】中田功八段が紹介した佐藤天彦九段の秘話
【動画】鈴木大介九段、師匠に「こっぴどく怒られた」思い出
【動画】鈴木大介九段、師匠に「こっぴどく怒られた」思い出
藤井聡太JT杯覇者、最年少記録更新Vも「今日も忘れていました」こども大会とダブル制覇に「非常に感慨深い」と喜び語る/将棋・JT杯