美女雀士の指も震えるほどの大チャンス 赤牌全集合&4面待ちのダマ跳満にうらやましがるファン続出「オールスター3色」「豪運すぎるわ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)が11月22日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合に登板。赤牌が全て揃う華やかな役を作り上げ、ファンを興奮させる場面があった。

【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌

 トップ目で迎えた東3局のことだった。配牌の時点では面子が1つもなかったものの、赤牌の5索が存在。堅実に手を進めるうち、6巡目には赤牌の五万を引いて順子とし、8巡目には4・5・6の三色同順を揃え、ヤミテンのカン八万待ちで構えた。だが、岡田の手は、ここからさらにパワーアップする。EX風林火山の二階堂瑠美(連盟)が發を鳴いてマンズの染め手に着手する中、強行する岡田は赤牌の5筒まで引き寄せて赤牌が全集合。これには実況も「わあー、3つ来ちゃった」「3つしかない赤を全て手牌に組み込みました」と反応し、ファンからも「オールスターや!」「オールスター3色」「あー、独占禁止法」「美しい」「おかぴ、引きすごっ」などとコメントが殺到した。

 その後、岡田はタンヤオを加えた四万・七万待ちへと切り替え、最終的にはタンヤオか平和、あるいはタンヤオと平和の双方が付与される1・2・4・7筒の変則4面待ちへと変化。高目ツモで倍満・1万8000点となる状況下、震える指を抑えながら待ち続けると、ほどなくして瑠美からアガリ牌の2筒が零れ落ち、これにてタンヤオ・三色同順・赤3の跳満・1万2000点が完成した。この、自身のビジュアルにも匹敵する美しすぎる役には、またしてもファンから「さすがや」「すげええええ」「うまかった」「豪運すぎるわ」と投稿の嵐。結果的にTEAM雷電の本田朋広(連盟)に捲られて2着で試合を終えたが、ファンを惹き付ける闘牌を見せた岡田は、中盤に差し掛かった明日以降のMリーグで、大いに暴れまわってくれることだろう。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子