超迂回ルートが大正解!高宮まりの「安心・安全」回し打ち跳満に解説も「凄すぎますよ!」/麻雀・リーグ
番組をみる »

 時間はかかったが、結果は最高だ。美人雀士の粘り勝ちに、解説も驚愕した。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月24日の第2試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)が相手のリーチを受けて迂回策に出ると、これが見事にハマって跳満をツモ。思いがけない展開に、視聴者が大いに沸いた。

【映像】高宮まり、辛抱の回し打ち

 東1局に大きく放銃、その後も失点続きで、ラス目の高宮。挽回を期す東3局の親番は配牌で1メンツあり、リーチが目指せる好手牌だ。しかし4巡目にU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)がリーチ、高宮はこれを受けて長考する。選んだ牌はカンチャンターツを崩す打四万。形が悪くなることを承知の迂回策だ。

 その後も無筋の牌を引くと、すぐに安全牌を切り「安心・安全」の進行。それでも12巡目にイーシャンテンにたどり着き、次巡にカン3索を引いて待望のテンパイ。ここでは9筒を切ってテンパイ、ダマテンに構えた。さらに次巡、4索を引くと3・6・9索の3面張でようやくリーチ、追っかけリーチに打って出た。この展開に視聴者も驚愕し「高宮うまい!」「これが神手順」「これであがったらすごいぞ」「天才か?」「まりしゃんすげえ」と多数の声が寄せられた。

 我慢に我慢を重ねたご褒美か、一発ツモの牌は高目の6索で、高宮はリーチ・一発・ツモ・タンヤオ・平和・裏ドラの1万8000点をゲット。一見するとだいぶ遠回りの回し打ちも、結果は見事に親の跳満となった。この内容に解説の魚谷侑未(連盟)は「凄すぎますよ!一回、迂回したんだけど、そこから回って回って…。全然アガれないですよ、普通は!」と絶賛し、視聴者からも「まりちゃんナイス!」「天才過ぎるだろ」「きっちり6本!」「ぐっちょぶぅー!!」と称賛の声が多数寄せられた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり
【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり
【映像】高宮まり、辛抱の回し打ち
【映像】高宮まり、辛抱の回し打ち
【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり