神の左手、完全復活!最年長・近藤誠一、渾身の親跳満ツモにファンも大喜び「復活の狼煙や」「泣いた」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ファンはこれが見たかった。セガサミーフェニックスの近藤誠一(最高位戦)が、神の左手を炸裂させた。11月29日のプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」第1試合に登板した近藤は、ここまで絶不調。8戦でラス3回と本来の力を発揮できず、苦汁をなめ続けていた。この日も、東1局1本場でU-NEXT Piratesの小林剛(麻将連合)に満貫・8000点(+300点、供託1000点)を放銃。「目が回りそうだった」と早々に暗雲が立ち込めたものの、自身が親の東4局で逆襲が始まった。

【映像】近藤誠一の左手がうなった親跳満ツモ

 まず中のみで1500点を加点すると、東4局1本場では中・混一色・ドラの満貫・1万2000点(+300点)、東4局2本場ではリーチ・ツモ・平和・ドラ・裏ドラの満貫・1万2000点(+600点)と連続で高打点。一気にトップ目へ浮上すると、東4局3本場ではわずか5巡目でリーチをかけた。これに下家である渋谷ABEMASの日向藍子(最高位戦)は降りを選択。小林は巧みに打ちまわす一方、ラス目に沈む上家であるEX風林火山の松ヶ瀬隆弥(RMU)は鳴きを駆使してドラの6筒単騎待ちで応戦した。

 このまま流れてしまうのか。そんな不安がよぎる中、近藤は終盤に1筒を引き寄せてリーチ・ツモ・平和・赤・ドラ・裏ドラの跳満・1万8000点(+900点)を成就。完全復活した神の左手には実況や解説も「うわー」「近藤誠一、止まりません」などと大興奮で、ファンも「きたぁー!!」「「えげつねぇ」「近藤ついにきたー!」「復活の狼煙や~!!!」「泣いた」などと大熱狂の様子だった。

 結果、これで頭一つ抜け出した近藤は、このまま逃げ切って嬉しい今期初トップ。勝利者インタビューでは「もはや照れ臭いというか、恥ずかしいというか…」とはにかみ、「長かったですね」と喜びを噛みしめた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】勝利を手繰り寄せた会心の親跳満ツモ
【映像】勝利を手繰り寄せた会心の親跳満ツモ
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子