「私、オリてたんですけど」人気女流の脱力系打ち回しが跳満に大化け「とんでもねえや!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ツモった牌が自然にアガリへの道を導いた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月2日の第2試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)がオリていた手牌から跳満をテンパイし、即座にツモ。この展開に本人もびっくり、という一幕があった。

【映像】オリ打ちのはずがみるみる跳満に仕上がった高宮まりの手牌

 南2局3本場、セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)がカン六万の待ちで先制リーチ。これを受けた高宮はメンツが1つだけ。孤立の字牌をいくつも抱えており、まだまだ戦える手ではないといったところ。しかしここからツモが伸び、場に安全な牌を打ちながら進めていくと、16巡目にテンパイ。中が暗刻でドラも2枚、出アガリが可能な勝負手だ。トップ目という状況もあって高宮はダマテン。これを次巡にツモってツモ・中・三暗刻・ドラ2の1万2000点を手に入れた。

 この結果に解説の藤崎智(連盟)は「オリてたじゃんねえ、いや見事でしたね」と思わずツッコミと称賛を送り、視聴者からも「降りながらハネツモかよww」「見事すぎるわw」「すげー手順w」「とんでもねえや!」と、賛辞と驚きが混ざった声が多数寄せられた。

 アガリを望めない手から、あれよあれよと大化けの勝負手へ。力を入れることなく、このチャンスを形にした高宮は、この試合を大トップで終えた。インタビューでは「オリてましたね」とこの局を振り返り「運良く5・8索が切れるようになって、七対子になったらテンパイ取ってもいいかな、ぐらいに思っていたんですが、跳満になるとはね、思ってなかったです」と説明した。

 このアガリの待ちである5・8索と六万は5索が山に残った最後の1枚だった。その事実を聞かされると高宮は「それはそれは…」と絶句。この幸運に驚きを隠せない様子だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】大勝に終始ニコニコの高宮まり
【映像】大勝に終始ニコニコの高宮まり
【映像】オリ打ちのはずがみるみる跳満に仕上がった高宮まりの手牌
【映像】オリ打ちのはずがみるみる跳満に仕上がった高宮まりの手牌
【映像】オリ打ちのはずがみるみる跳満に仕上がった高宮まりの手牌