あーあ、やっちゃったなー 藤井聡太竜王、失意の敗戦 控室で一人、扇子をくるくるぽーん「なんだ今の貴重な映像は」「脳内反省会中」/将棋・ABEMA師弟トーナメント
番組をみる »

 痛恨のミスを思い出したのか、何度も扇子を放り投げた。8組の師弟により“最強の師弟”を決める超早指し戦「ABEMA師弟トーナメント2022」の予選Bリーグ2位決定戦、チーム木村 対 チーム杉本が1月21日に放送された。第3局はチーム木村・木村一基九段(49)とチーム杉本・藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)の対戦となったが、中盤まで優勢だった藤井竜王にミスが出ると、挽回がきかず木村九段が勝利した。すると第4局の最中、控室で藤井竜王は寂しそうに手にしていた扇子をくるくる回したり、放り投げたりの連続技で、ファンから注目された。

【映像】うつむきながら扇子を回す藤井聡太竜王

 藤井竜王は対局中、扇子を小さく回転させながら考慮するくせがある。何か手元でリズムを刻んでいるのか、それとも単なるくせか。静かな対局室にも、この扇子をいじる音だけが響く時間も珍しくない。棋士にとって扇子は定番アイテムで、ファン・関係者にプレゼントする品としても、揮毫入りの扇子が最も有名だ。

 この試合に勝てば2位で予選突破となる中、第1局で高野智史六段(29)に快勝していた藤井竜王は、スコア1-1となった第3局、木村九段に勝って本戦進出に王手をかけたいところだった。先手番から大得意の角換わりからスタートし、序盤から中盤にかけてリードを奪ったように見えたが、ここで藤井竜王に珍しくミスが発生。勘違いがあったのか、貴重な金を1枚、ボロっと取られてしまい一気に苦しくなった。

 少々の不利、劣勢なら跳ね返す藤井竜王ではあるが、相手もタイトル経験がある百戦錬磨の木村九段。逆転はかなわず、そのまま敗れた。対局後、藤井竜王は「早く指そうとすると時として足元すくわれる。仕方ないのかな」と苦笑いした。そして第4局、師匠・杉本昌隆八段(54)の対局が始まって早々、控室で一人、扇子を投げてはくるくると回す、寂しそうなシーンへと繋がった。

 ファンからは「聡太反省タイム」「珍しい扇子遊びシーン」「なんだ今の貴重な映像は」「脳内反省会中なのかなあ」「さっきの対局振り返ってるよね」といったコメントが集まったが、第4局で杉本八段が敗れたため、チーム杉本は予選敗退が決定。師弟揃って徐々に調子が上がりかけていただけに悔しい結末となった。

◆ABEMA師弟トーナメント 日本将棋連盟会長・佐藤康光九段の着想から生まれた大会。8組の師弟が予選でA、Bの2リーグに分かれてトーナメントを実施。2勝すれば勝ち抜け、2敗すれば敗退の変則で、2連勝なら1位通過、2勝1敗が2位通過となり、本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで、チームの対戦は予選、本戦通じて全て3本先取の5本勝負で行われる。第4局までは、どちらか一方の棋士が3局目を指すことはできない。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【映像】バチーンと響く駒音
【映像】バチーンと響く駒音
【映像】うつむきながら扇子を回す藤井聡太竜王
【映像】うつむきながら扇子を回す藤井聡太竜王
【映像】敗戦にうなだれる杉本・藤井師弟
【映像】敗戦にうなだれる杉本・藤井師弟
【映像】敗戦にうなだれる杉本・藤井師弟