こんなにショッキングなダブロン見たことない 役満・国士無双がまさかの頭ハネ 名物実況の絶叫響く「信じられない!俺の3万2000返せ!」/麻雀・Mリーグ
【映像】役満が頭ハネで消えるまさかのシーン

 この珍事は絶叫するのも当然だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」3月6日の第1試合。役満・国士無双の当たり牌にロンをかけた選手が、上家の選手にまさかの“頭ハネ”を食らい、この出来事に名物実況が声を枯らした。

【映像】役満が頭ハネで消えるまさかのシーン

 南2局5本場。U-NEXT Pirates・仲林圭(協会)が5巡目に国士無双の九万待ちをテンパイ。その後、KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)が当たり牌を切ると、リーチをかけていた赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)がロン。仲林の上家にいたことにより、頭ハネで村上のアガリとなった。

 この瞬間、実況の日吉辰哉(連盟)は「うわー!すげーの出た!こんなのあるか!仲林睨んだ!『ふざけんな!俺の3万2000返せ!何やってんだよ村上!』」と仲林の心中をアテレコ。さらに「嘘だ、こんなこと起こっちゃいけない!信じられない、信じられない、信じられないよ!」と続けた。またこの日の解説を務めていた土田浩翔(最高位戦)に対しては「土田さん!こんなに残酷な頭ハネは僕初めて見た!」と、思わず身を乗り出すと、土田もまた「初めて見たね!」と大興奮だ。

 視聴者もまたこの激レアシーンには「笑ったw」「すんごいドラマだ」「これは泣くw」「切り抜き確定」と次々にコメントを寄せ、また役満をインターセプトした村上には「村神様です!!!」との声も投げかけられていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】望みをつなぐトップに上機嫌の園田賢
【映像】望みをつなぐトップに上機嫌の園田賢
【映像】役満のアガリ牌を奪われた仲林圭の表情
【映像】役満のアガリ牌を奪われた仲林圭の表情
【映像】役満が頭ハネで消えるまさかのシーン
【映像】役満が頭ハネで消えるまさかのシーン
【映像】役満が頭ハネで消えるまさかのシーン