日本代表が新たに取り入れた「偽サイドバック」「中盤の菱形」「新ユニット」とは
【映像】日本代表が新たに取り入れた「偽サイドバック」「中盤の菱形」「新ユニット」
この記事の写真をみる(6枚)

 カタールワールドカップ後最初の日本代表合宿が終わった。キリンチャレンジカップ2023として行われた国際親善試合の結果は、24日のウルグアイ代表戦が1-1の引き分け、28日のコロンビア代表戦が1-2の敗戦となった。

【映像】日本代表が新たに取り入れた「偽サイドバック」「中盤の菱形」「新ユニット」

2026年「ワールドカップ優勝」を目指す日本代表に必要なもの

日本代表が新たに取り入れた「偽サイドバック」「中盤の菱形」「新ユニット」とは
拡大する

 森保一監督が率いる日本代表は、新たなフェーズに入っている。惜しくもベスト8進出を逃したカタールワールドカップを経て、指揮官は2026年の北中米ワールドカップで「優勝を目指す」と公言。より高い目標を掲げて再スタートを切った。

 吉田麻也や長友佑都ら、長くサムライブルーを支えたベテランたちは選外に。新たに若い選手を多く招集して臨んだ3月シリーズの合宿前に、森保監督はカタールワールドカップまでの教訓を踏まえた上で1つのテーマを掲げていた。

「いい守備からいい攻撃にという部分で、カタールワールドカップでは相手が嫌がるカウンター攻撃をできたと思いますけど、ボールを握った際にもっと相手が嫌がる攻撃をする部分のクオリティを上げていかないといけない」

 カタールの地では耐える時間が長く続いたものの、粘り強い守備からの高速カウンターでドイツ代表やスペイン代表を破った。その成功体験はチームの財産になっているが、日本代表が「ワールドカップ優勝」を目指すならば、より主導権を握る時間帯を長くすることが必要になる。

荒削りながらも可能性を見せたサイドバックシステム

荒削りながらも可能性を見せたサイドバックシステム
拡大する

 24日のウルグアイ代表戦で、さっそく変化が見られた。試合開始時に4-2-3-1のシステムで戦うのはカタールワールドカップと変わらないが、攻撃を組み立てる際に両サイドバックが内側に絞り、ボランチを近い距離でサポート。中央からボールを前進させ、その先では日本代表の強みである両ウィングの突破力を活かして相手の守備を崩そうというコンセプトだ。この戦術は、主に新人の名波浩コーチの発案と指導によって実践された。

 しかし、決してうまくいったわけではなかった。両サイドバックが本来のポジションを離れて内側に絞るタイミングや、味方をサポートするタイミングなどが合わず、チーム全体が機能不全に。カタールワールドカップでも威力を発揮した速攻ではいくつかチャンスを作れたものの、先制された展開で1点を返すのが精一杯。全体を通してシュートに至る回数が少なく、課題だった遅攻は改善されないままだった。

 ただ、新たなチャレンジに対しては前向きな意見が数多く聞かれた。「トライすること自体はいいこと」と口を揃える選手たちは新戦術の構築に意欲を示し、ピッチ内外で積極的な議論が生まれていたのも間違いない。

 実際、28日のコロンビア代表戦では幾分か改善した姿が見られた。両サイドバックのポジションが現実的なものになり、全ての局面で内側に絞るのではなく、相手のプレッシャーのかけ方やボール状況、味方の配置などを鑑みて、闇雲に本来のポジションを外れなくなった。

 それでも理想的な展開にはならなかった。攻撃のビルドアップに意識が向きすぎたせいか、不用意な横パスでボールを奪われるような場面が増え、今度は守備でプレスがうまくハマらない。結果的にボール保持そのものがままならなくなり、意図した形でサイドバックのポジショニングが活きるような状況がほとんど生まれなくなってしまった。

 森保監督が「いい時間帯に先制点を奪った中で、試合をコントロールしながら相手にダメージを与えていく展開にできず、反省しなければいけないところがある」と述べた通り、ボール保持によって主導権を握る戦略は機能不全に陥っていた。

中盤の菱形や新たなユニットの構築など多くの変化がもたらされた2試合

中盤の菱形や新たなユニットの構築など多くの変化がもたらされた2試合
拡大する

 他にもいくつか新たな試みがあった。コロンビア代表戦終盤に久保建英をトップ下、遠藤航をアンカーに据えて中盤を菱形にした4-4-2のシステムを導入。事前に練習していた形ではなかったが、1点を追いかける展開でマンツーマン気味の守備からボールを奪って、人数をかけてゴールに迫るという意図はピッチ上の選手たちがうまく表現できていたと言えよう。

 そして、森保監督はいくつかのポジションで新たなユニットを試していたようにも思える。例えば右サイドでは、菅原由勢と堂安律、あるいは菅原ないし橋岡大樹と伊東純也という組み合わせが森保ジャパンでは初めて採用された。

 これまでダブルボランチは遠藤航と守田英正が鉄板のコンビだったが、コロンビア代表戦では守田と鎌田大地で組むパターンも披露。左サイドではカタールワールドカップ前にうまく機能しなかった伊藤洋輝と三笘薫の縦関係を、新たな戦術にはめ込もうとしていた。冨安健洋や吉田麻也が不在だったセンターバックも板倉滉を軸にしながら、相方に瀬古歩夢や伊藤を据えて可能性を図った。

 ただ、どれも結果にはつながらなかった。全体的にテスト色が強い中、危機感を露にする選手もいる。堂安は「本当に不甲斐ないですし、いろいろトライしているのは皆さんも見てわかる通りですけど、日本代表なので負けちゃいけない。ワールドカップが終わって、みんなが期待してくれているなか、1勝もできないのは、いくら新しい選手(が多いチーム)だからでもダメ」と、1分1敗という現実に対しての率直な考えを述べた。

日本の強み、サイドアタックを生かすための最適解は

本の強み、サイドアタックを生かすための最適解は
拡大する

 ボールを保持する時間を長くしていこうと様々なトライをするにあたって、危惧していることがある。それはボール支配率を上げることが「ゴールを奪うため」ではなくなってしまうことだ。つまりプレーの選択が「ボールを保持すること」を意識しすぎて、ゴールを奪うための「手段」が「目的」にすり替わってしまう恐れがある。

 堂安が「Jリーグを批判しているわけじゃないですけど、Jリーグっぽいサッカーをしている感覚がある。ヨーロッパはもっと縦に速いゴールに向かっていくサッカーで、歓声が常に響いて、攻守が常に入れ替わる。やりたいことはもちろんありますけど、その中でプライオリティを忘れちゃいけない」と危惧したのは、ボール保持が目的化するような場面や時間帯があったからだろう。そうなっていては世界一を目指すのは難しい。

 森保監督はコロンビア戦前日の記者会見で「(サイドの)幅を使った攻撃と、サイドバックが内側にいくことの両方を将来的には使い分けられるように、今は内側での関わりをトライしていると考えていただければ」と語っている。指揮官としては、サイドバックが内側に絞るポジショニングを組み込んだビルドアップを、あくまでゴールを奪うという「目的」を達成するための戦術オプションの1つにしたい考えだ。

 合宿を通して「サイドバックのポジショニング」についての議論が過熱気味だった。しかし、これまで通りの外側を追い越すようなウィングとの連係と新たなオプションを相手の出方に応じて使い分けられるようになり、より効果的にゴールを奪いにいくのが理想である。今回の合宿はそのための第一歩だった。

 コロンビア代表戦後、守田は「日本代表には特徴を持っている選手がすごく多くて、やはり一番の強みは両サイドアタッカーだと思う。彼らをどれだけ高い位置でプレーさせるかを逆算して落とし込めていないというか、自分がまだまだそこに至っていないというのが現状」と語った。森保監督や名波コーチが仕込もうとした戦術の最適解をまだ探っている状況なのは間違いないだろう。

 一方で「オプションというのはいくらでも持っているだけいい。それを作る意味でも、今は提示されたものに対して選手が100%でトライする。それ(トライする意識)が70%から80%で、疑心暗鬼になりながらプレーしては、その跳ね返りをこれからに生かすことができないと思うので。今は100%でやっていくことが次につながる要因になるんじゃないか」と自身の考えを述べた。

 鎌田も「自分たちは監督やコーチに要求されていることをやるのが仕事。今回、自分たちは多くのことにトライすることができたと思う。なので、彼らが次の代表の時にどうするか、提示されたものを自分たちができるように。あとは自分たちも個々のクオリティもまだまだ足りないと思うし、そこをしっかりやっていきたい」と、コロンビア代表戦でダブルボランチを組んだ守田に呼応する。

「点」ではなく「線」で見る重要性 新生・森保ジャパンは始まったばかり

「点」ではなく「線」で見る重要性 新生・森保ジャパンは始まったばかり
拡大する

 確かにウルグアイ代表戦とコロンビア代表戦、それぞれの試合を「点」で見ればうまくいったことよりうまくいかなかったことの方が多く、悲観的な見方をされてもおかしくない。ただ、第2次森保ジャパンを北中米ワールドカップまでの1本の「線」と見た時、それはまだ始まったばかりだ。

 次の6月の活動で、ウルグアイ代表戦やコロンビア代表戦からのフィードバックをチーム力向上につなげられるかが極めて重要になる。ボール保持を「目的」とせず、有効な「手段」に昇華させられるか。また、攻撃におけるボール保持と守備における前線からのプレッシングの最適なバランスを見つけ、攻守の循環をよりスムーズにできるか。

 ボール保持に意識が向きすぎると、今度は守備でプレスがかからずボールを効率的に奪えなくなる可能性もある。それだけに両立は非常に困難なミッションになるが、森保監督ら指導陣の手腕に注目したい。
文・舩木渉(C)浦正弘(ABEMA/キリンチャレンジカップ2023)

【映像】2試合通して高評価だった伊東純也 圧巻のプレー
【映像】2試合通して高評価だった伊東純也 圧巻のプレー
日本代表・三笘薫「開始3分」の圧巻ヘディングシュート、西村拓真の「34秒弾」に海外メディアが注目「魔術師が状況を打破するのに3分しか必要としなかった」
日本代表・三笘薫「開始3分」の圧巻ヘディングシュート、西村拓真の「34秒弾」に海外メディアが注目「魔術師が状況を打破するのに3分しか必要としなかった」
ABEMA TIMES
三笘薫の新相棒役・バングーナガンデ佳史扶 59分に負傷交代するも高評価だった「左サイドの連係」 将来有望な長友佑都の後継DFは代表定着なるか
三笘薫の新相棒役・バングーナガンデ佳史扶 59分に負傷交代するも高評価だった「左サイドの連係」 将来有望な長友佑都の後継DFは代表定着なるか
ABEMA TIMES
最も「市場価値」を高めた伊東純也(14億円) 存在感みせた久保、「30秒得点」西村拓真、右サイドバックの新オプション菅原由勢も上昇傾向 新生・森保ジャパンの2連戦での評価は
最も「市場価値」を高めた伊東純也(14億円) 存在感みせた久保、「30秒得点」西村拓真、右サイドバックの新オプション菅原由勢も上昇傾向 新生・森保ジャパンの2連戦での評価は
ABEMA TIMES
「チームがうまくいかないときにも軸に」吉田麻也の後任候補 26歳板倉滉が初めてキャプテンマークをつけて入場「感慨深いものがある」
「チームがうまくいかないときにも軸に」吉田麻也の後任候補 26歳板倉滉が初めてキャプテンマークをつけて入場「感慨深いものがある」
ABEMA TIMES
伊東純也が「マジで天才過ぎる」本職ではないポジションでも“イナズマ炸裂” 圧倒的なスピードとフィジカルで相手を吹っ飛ばす
伊東純也が「マジで天才過ぎる」本職ではないポジションでも“イナズマ炸裂” 圧倒的なスピードとフィジカルで相手を吹っ飛ばす
ABEMA TIMES
三笘薫「苦手」をも武器にするスタイル開拓 “ドリブル以外”でみせる攻撃の流動性に自信「いいところに持っていけましたし、起点にもなれた」
三笘薫「苦手」をも武器にするスタイル開拓 “ドリブル以外”でみせる攻撃の流動性に自信「いいところに持っていけましたし、起点にもなれた」
ABEMA TIMES
久保建英、森保ジャパンは「第一次より進化している」1週間で複数の戦術が浸透していることに手応え「決まり事がしっかりしていてチームのやり方がわかる」
久保建英、森保ジャパンは「第一次より進化している」1週間で複数の戦術が浸透していることに手応え「決まり事がしっかりしていてチームのやり方がわかる」
ABEMA TIMES
日本代表・上田綺世「強いチームにしていけるかは、FWが点を取れるかどうかだと思う」 コロンビア戦で圧巻プレーをみせるもシュートが決まらず自戒「やれるな、という実感はあった」
日本代表・上田綺世「強いチームにしていけるかは、FWが点を取れるかどうかだと思う」 コロンビア戦で圧巻プレーをみせるもシュートが決まらず自戒「やれるな、という実感はあった」
ABEMA TIMES
「これで点数取れないの可哀想すぎる」日本代表ストライカー上田綺世、身体能力の高さをみせつける強烈ヘディング2連発「クリロナみたいなジャンプ」
「これで点数取れないの可哀想すぎる」日本代表ストライカー上田綺世、身体能力の高さをみせつける強烈ヘディング2連発「クリロナみたいなジャンプ」
ABEMA TIMES
「森保メモ」ついにピッチへ 交代で入った浅野がキャプテン遠藤に手渡し、逆転に向けて新システムを授ける「森保メモの新たな使い方がおもしろすぎる」
「森保メモ」ついにピッチへ 交代で入った浅野がキャプテン遠藤に手渡し、逆転に向けて新システムを授ける「森保メモの新たな使い方がおもしろすぎる」
ABEMA TIMES
「スペイン語でバチバチ」日本代表・久保建英 後ろからの極悪タックルを受けて相手に詰め寄り 一歩も引かない近距離フェイスオフに「熱い気持ちいいね」
「スペイン語でバチバチ」日本代表・久保建英 後ろからの極悪タックルを受けて相手に詰め寄り 一歩も引かない近距離フェイスオフに「熱い気持ちいいね」
ABEMA TIMES
「鎌田悔しいだろうな」鎌田大地の同僚ボレ ワールドクラスのバイシクル弾に日本の守備陣は反応できず 「マンガかよ」「えげつないやつ打つやん」視聴者も驚愕
「鎌田悔しいだろうな」鎌田大地の同僚ボレ ワールドクラスのバイシクル弾に日本の守備陣は反応できず 「マンガかよ」「えげつないやつ打つやん」視聴者も驚愕
ABEMA TIMES
「代表でもミトマった!!」日本代表のエース三笘薫が頭で押し込む先制点 湘南の忍者・町野が見せた抜群のポストプレーにも称賛の声「4年ほど前はJ3のプレイヤーだったとは思えんな」
「代表でもミトマった!!」日本代表のエース三笘薫が頭で押し込む先制点 湘南の忍者・町野が見せた抜群のポストプレーにも称賛の声「4年ほど前はJ3のプレイヤーだったとは思えんな」
ABEMA TIMES
森保ジャパン初勝利ならず 三笘薫のヘディング弾で先制もワールドクラスのバイシクル弾に沈む…新システム"中盤ダイヤの4-4-2"は不発に
森保ジャパン初勝利ならず 三笘薫のヘディング弾で先制もワールドクラスのバイシクル弾に沈む…新システム"中盤ダイヤの4-4-2"は不発に
ABEMA TIMES
試合開始3分 三笘薫の「頭」でコロンビアに先制!待望の第2次・森保ジャパンで初ゴール【キリンチャレンジカップ2023】
試合開始3分 三笘薫の「頭」でコロンビアに先制!待望の第2次・森保ジャパンで初ゴール【キリンチャレンジカップ2023】
ABEMA TIMES
【スタメン発表】三笘薫は先発、久保建英はベンチスタート ウルグアイから4選手変更した新生・森保ジャパン初勝利なるか 注目のコロンビア戦
【スタメン発表】三笘薫は先発、久保建英はベンチスタート ウルグアイから4選手変更した新生・森保ジャパン初勝利なるか 注目のコロンビア戦
ABEMA TIMES
三笘薫「一番いい形がどうなのかわからないまま...」森保ジャパンの新戦術「偽サイドバック」は左サイドの連携がカギに 三笘のコンビは伊藤か初招集のバングーナガンデか
三笘薫「一番いい形がどうなのかわからないまま...」森保ジャパンの新戦術「偽サイドバック」は左サイドの連携がカギに 三笘のコンビは伊藤か初招集のバングーナガンデか
ABEMA TIMES
「ワールドカップの時とはもう別人」出場意欲満々の久保建英、偽サイドバックの戦術向上を目指す三笘薫、ハメス・ロドリゲスとマッチアップするデュエル王・遠藤航 森保ジャパン初勝利に欠かせない3人のキーマン
「ワールドカップの時とはもう別人」出場意欲満々の久保建英、偽サイドバックの戦術向上を目指す三笘薫、ハメス・ロドリゲスとマッチアップするデュエル王・遠藤航 森保ジャパン初勝利に欠かせない3人のキーマン
ABEMA TIMES
「先発は難しい」日本代表・久保建英の途中出場、三笘薫・伊東純也のそろい踏み、バングーナガンデ佳史扶の初出場は...森保ジャパン注目のコロンビア戦【スタメン予想】
「先発は難しい」日本代表・久保建英の途中出場、三笘薫・伊東純也のそろい踏み、バングーナガンデ佳史扶の初出場は...森保ジャパン注目のコロンビア戦【スタメン予想】
ABEMA TIMES
日本代表・板倉滉「ポジティブにとらえていいのでは」 森保ジャパンが挑戦した「偽サイドバック」、うまくいかなかった理由とコロンビア戦に向けた改善策
日本代表・板倉滉「ポジティブにとらえていいのでは」 森保ジャパンが挑戦した「偽サイドバック」、うまくいかなかった理由とコロンビア戦に向けた改善策
ABEMA TIMES
三笘薫「結局一番いい形がわからないまま終わった」 日本のエースがまさかのシュート0 森保ジャパンが改善すべき右サイドの起点と「偽サイドバック」システム
三笘薫「結局一番いい形がわからないまま終わった」 日本のエースがまさかのシュート0 森保ジャパンが改善すべき右サイドの起点と「偽サイドバック」システム
ABEMA TIMES
「様子見の試合」闘莉王はベテランの穴や監督の進化を気にするも期待感、内田篤人は“愛のムチ”...日本代表OBたちが森保ジャパン初戦に感じたこと
「様子見の試合」闘莉王はベテランの穴や監督の進化を気にするも期待感、内田篤人は“愛のムチ”...日本代表OBたちが森保ジャパン初戦に感じたこと
ABEMA TIMES
「ピッチに入って即得点」第2次・森保ジャパンのファーストゴールを決めた「国内組」のシンデレラボーイ 横浜F・マリノスのトップ下でブレイクした“勝つために走る漢”西村拓真
「ピッチに入って即得点」第2次・森保ジャパンのファーストゴールを決めた「国内組」のシンデレラボーイ 横浜F・マリノスのトップ下でブレイクした“勝つために走る漢”西村拓真
ABEMA TIMES
「文句なし」マンオブザマッチは“イナズマ純也” 株爆上げの菅原由勢、ニューカマー瀬古歩夢にも期待 森保ジャパン第2章初戦で評価を高めた選手たち
「文句なし」マンオブザマッチは“イナズマ純也” 株爆上げの菅原由勢、ニューカマー瀬古歩夢にも期待 森保ジャパン第2章初戦で評価を高めた選手たち
ABEMA TIMES
「三笘だけ異次元」日本代表・三笘薫 カウンターで中央突破&ラストパスにスタジアムから大歓声「やべぇうますぎる」
「三笘だけ異次元」日本代表・三笘薫 カウンターで中央突破&ラストパスにスタジアムから大歓声「やべぇうますぎる」
ABEMA TIMES
「どうやって対応すれば...」日向坂46 影山優佳が注目するレアル・マドリード バルベルデが先取点 異次元“ポストワンツー”に「一瞬の隙をつくプレーがすごく速い」
「どうやって対応すれば...」日向坂46 影山優佳が注目するレアル・マドリード バルベルデが先取点 異次元“ポストワンツー”に「一瞬の隙をつくプレーがすごく速い」
ABEMA TIMES
「見つかったか、ついに」内田篤人も後輩・菅原由勢のラストパスを絶賛!鎌田大地とのダイレクト連係にファン「すげえいいパス」大興奮
「見つかったか、ついに」内田篤人も後輩・菅原由勢のラストパスを絶賛!鎌田大地とのダイレクト連係にファン「すげえいいパス」大興奮
ABEMA TIMES
「代表でも、みとまってる」三笘薫がピッチ50m超独走、ペナルティエリアまでドリブル一直線!開始2分の衝撃に「持った時の空気感がやばい」「これが見たかった!」
「代表でも、みとまってる」三笘薫がピッチ50m超独走、ペナルティエリアまでドリブル一直線!開始2分の衝撃に「持った時の空気感がやばい」「これが見たかった!」
ABEMA TIMES
日本代表・伊東純也に「さすがじゅんやさま!」 後半途中出場からの10分強でビッグチャンス演出2連発 PK獲得未遂&西村のゴールアシストで「イナズマ出た」「神すぎる」
日本代表・伊東純也に「さすがじゅんやさま!」 後半途中出場からの10分強でビッグチャンス演出2連発 PK獲得未遂&西村のゴールアシストで「イナズマ出た」「神すぎる」
ABEMA TIMES
「不完全燃焼の試合」日本代表・堂安律 新たなトライが不発に終わりチームの課題を口に「ベースのところを忘れてはいけない」
「不完全燃焼の試合」日本代表・堂安律 新たなトライが不発に終わりチームの課題を口に「ベースのところを忘れてはいけない」
ABEMA TIMES
「その器ではなかった」日本代表・三笘薫「結果を出せなかったのは課題、悔しい」 先発起用は「信頼が上がってるからこそのスタメン」と自信も
「その器ではなかった」日本代表・三笘薫「結果を出せなかったのは課題、悔しい」 先発起用は「信頼が上がってるからこそのスタメン」と自信も
ABEMA TIMES
吉田麻也からのアドバイスは「特にない」 デュエル王・遠藤航 日本代表のゲームキャプテンを務め「誇りと責任を感じる」
吉田麻也からのアドバイスは「特にない」 デュエル王・遠藤航 日本代表のゲームキャプテンを務め「誇りと責任を感じる」
ABEMA TIMES
日本代表・三笘薫の市場価値が「44倍」に わずか3年で「0.7億」→「30.8億」円に急騰し鎌田大地、冨安健洋に続く日本人第3位に
日本代表・三笘薫の市場価値が「44倍」に わずか3年で「0.7億」→「30.8億」円に急騰し鎌田大地、冨安健洋に続く日本人第3位に
ABEMA TIMES
「純也くんと話していた」“シンデレラボーイ” 西村拓真、狙い通りの同点弾だった ギラギラして、結果を出して"主力組"の座を狙う
「純也くんと話していた」“シンデレラボーイ” 西村拓真、狙い通りの同点弾だった ギラギラして、結果を出して"主力組"の座を狙う
ABEMA TIMES
日本代表、シンデレラボーイ・西村拓真の同点弾でウルグアイに引き分け!横浜FMの新戦力はファーストタッチでゴール 」
日本代表、シンデレラボーイ・西村拓真の同点弾でウルグアイに引き分け!横浜FMの新戦力はファーストタッチでゴール 」
ABEMA TIMES
日本代表、ウルグアイのキーマンにゴールを許し0-1で折り返す 三笘薫、浅野拓磨らがチャンス作るも攻めきれず
日本代表、ウルグアイのキーマンにゴールを許し0-1で折り返す 三笘薫、浅野拓磨らがチャンス作るも攻めきれず
ABEMA TIMES
三笘依存にキャプテン不在…日本代表の課題を解決するキーマンは「ポスト三笘」「新リーダー」「真のストライカー」 今夜始動!第2期・森保ジャパンの最注目選手3人
三笘依存にキャプテン不在…日本代表の課題を解決するキーマンは「ポスト三笘」「新リーダー」「真のストライカー」 今夜始動!第2期・森保ジャパンの最注目選手3人
ABEMA TIMES
日本代表の新たなメンバー争いが今夜スタート!「初選出」のバングーナガンデ、半田、中村、藤井、町田のスタメン起用はあるか 世代交代急務のDFラインは若手の激戦区に
日本代表の新たなメンバー争いが今夜スタート!「初選出」のバングーナガンデ、半田、中村、藤井、町田のスタメン起用はあるか 世代交代急務のDFラインは若手の激戦区に
ABEMA TIMES
日本代表・三笘薫「開始3分」の圧巻ヘディングシュート、西村拓真の「34秒弾」に海外メディアが注目「魔術師が状況を打破するのに3分しか必要としなかった」
キリンチャレンジカップ 2023 (スポーツ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
キリンチャレンジカップ 2023 (スポーツ) | 無料動画・見逃し配信を見るなら | ABEMA
「反省しなければいけないところがある」森保ジャパンは何が変わった?新たに取り入れた「偽サイドバック」「中盤の菱形」「新ユニット」とは...新生・日本代表の“点”と“線”
拡大する
サッカー日本代表 配信情報
サッカー日本代表 配信情報
この記事の写真をみる(6枚)