「これは相撲界で一番怒られること」元若乃花、元大関・御嶽海の“立ち合い変化”に苦言
【映像】花田氏が苦言を呈した御嶽海の立ち合い変化

大相撲五月場所>◇中日◇21日◇東京・両国国技館

 前頭九枚目・阿武咲(阿武松)が、前頭六枚目・御嶽海(出羽海)を渡し込みで下した一番で、立ち合い変化した御嶽海に解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏が苦言を呈する場面があった。

【映像】花田氏が苦言を呈した御嶽海の立ち合い変化

 立ち合い、左に変化した御嶽海だったが、阿武咲に抱え込まれ、渡し込みで敗北を喫した。阿武咲は5勝目、御嶽海は3敗目を喫した。

 元大関・御嶽海の取組を受け、ABEMAの解説を務めた花田氏は「立ち合い変化をして失敗するとああなるんですよね。申し訳ないけど変わり方が上手くないですね」と指摘。同じく実況を務めた藤井康生アナウンサーが「上手くないのはどの辺ですか?」と聞くと、花田氏は「右手で相手の頭を抑えている。ということは自分の方に阿武咲の頭を持っていってるじゃないですか。そうしたら自分の動きを読まれるわけです」「ではなくて離れて空間を作って変わらないといけない」と返した。

 さらに花田氏が「これは相撲界で一番怒られることです」と続けると、相撲ファンは「ほおー」「なるほど」「そうなんだ」とコメント欄で反応していた。
(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【映像】花田氏が苦言を呈した御嶽海の立ち合い変化
【映像】花田氏が苦言を呈した御嶽海の立ち合い変化
【映像】花田氏が苦言を呈した御嶽海の立ち合い変化
大相撲場所配信情報 日程や幕内取組動画も