「私はご飯粒、接着剤みたいな感じ」個性派集団を優しく包むママ雀士・日向藍子 新監督迎え「ワクワクよりドキドキ」/麻雀・Mリーグ
【映像】ABEMAでみる

 昨期の渋谷ABEMASでレギュラーシーズンを支えたのが日向藍子(最高位戦)だ。自身初となる3ケタのプラスポイントを記録し、チームをセミファイナルへ導く活躍を見せた。5年連続でファイナルに進出を果たしている“常勝軍団”のムードメーカーも担う日向の存在は大きい。「私はご飯粒みたいな感じ(笑)。みんなを接着する役割」と自身の立ち位置を分析する笑顔眩しいママ雀士。今期も個性派揃いの集団を優しさで包み込む。

【映像】Mリーグ2023-24シーズン 開幕直前インタビュー

-初優勝を果たした後のオフ期間は。

日向藍子(以下、日向) ABEMASのトークイベントをやって、300名ほどのファンを目の前にお話をした時には「あー、優勝したなぁ」と実感できました。それまでは、新たなMリーグの情報が常日頃出てくる状態だったので、あまり喜んでいる時間はなかった印象です。(セガサミーフェニックス)近藤誠一さんが監督になられるとか、新たな選手が入りますとか、そちらにばかり注目していましたね。

 優勝が決まった時はもちろんうれしかったんですけど、全員が身近なプロだからこそ、変化に戸惑う感情の方が強いんだと思います。

-チームとして5年を要しての初優勝。もっと浮かれてもいい。

日向 そうなんですよ。なんか本当に展開が早くて。そんな中で、トークイベントでファンの方たちが「おめでとう」と言ってくれたので、「あー、優勝したんだ。よかった、みんな笑顔で」みたいな感じでした。

-日向選手はテレビに出演されたり、露出が増えた。

日向 ありがたいことですね。

-優勝した効果なのか。

日向 優勝効果というか、Mリーグがすごく注目されていて、反響が大きいんです。ドラマ「この素晴らしき世界」に出させてもらったのも、監督さんがMリーグを見ていたからなんですけど、どうやらサクラナイツのファンだったらしくて(笑)。

 「何で私を選んだの?」とも思ったんですけど、あらゆる業種の方たちが麻雀が好きで、結局、そこからMリーグに繋がって、いろいろなお仕事のチャンスをもらえたんです。そういう輪がこの先もっと広がっていったら良いですね。

-日向選手もプロ歴が長くなった。

日向 13年目ですね。

-ファンが拡大していることを実感している。

日向 麻雀をリアルで打ったことのないファンが増えました。「ネット麻雀から入りました」とか、「打てないけど、面白いと思って見ています」という、「見る雀」の人が。そういう方は今までいなかったので。

 街の雀荘にいるおじさんばかりが見てきたと思うんです。そういう意味でもリアルで打たない方から応援してもらえるようになったのが、ここ数年の大きな変化かな。

-イベントを開催するとどんなファンが。

日向 そこでも打てない子が全然いますよ。しかも、年下の女の子がめちゃくちゃ増えました。8歳の子もいたんですよ、その子は「多井さんが好きです」って。

-多井選手のどこが好きだと。

日向 多井さん、かっこいいじゃないですか。いろいろな意味で、いろいろな角度から憧れてもらえるポジションになっているんだな、と実感しますね。

-開幕に向けてどういう準備を。

日向 新しい選手は映像で見ています。醍醐さんは自分の団体のA1リーグ、渡辺さんはA2リーグなので、だいぶわかっているんですけど、浅見さんや大介さんは、今までの最強戦で打ったそのままの形で来るのか、長期のリーグ戦を考えて、バランスを変えるのか、とかは気になっています。猿川さんも結構、見ているかな。

 千瑛ちゃんも、新たな選手として注目度を高めていますよね。いつかは対戦することになるので、そのへんの情報も入れています。

 一方、リアルではあまり打ててないんですよ。もう少し回数を増やしていかないと。オフの時に他の仕事をパンパンに入れてくださるので、本当に休みがなくて、ありがたいんですけど、体がきついです(苦笑)。オフシーズンは実況の仕事を増やしていて、YouTubeのコラボ関係もあるので。

-うれしい悲鳴ではあるが、数が入りすぎてしまうと。

日向 シーズンが始まったら、今期は、週1回の時もちょこちょことあるので、平日でも休みが取りやすくなるのかな、と勝手に思っています。

 今までは週に2回、会場に行くスケジュールでしたけど、チームが増えたことで、それがずれるので、良い意味で緊張感や試合に向けての気持ちの作り方を、今年は変えなければならないんだろうな、と思います。

-チームが増えたことで、対応が必要になってくる。

日向 ABEMASはローテーションが多くて「自分は1週間ぐらい空くのか」とかは経験がないので、どんな感じになっていくのかと。新たなチームが入った化学反応で今までとは絶対に変わると思いますし。

 3チームがレギュラーシーズンで敗退になってしまうし、それを踏まえ多井さんがどういう指示を出したりするのかも楽しみです。ワクワクもありますが、正直ドキドキの方が強いです。

-塚本泰隆監督に代わってチームにも変化が起こるか。

日向 基本的には「誰々さん行ってください」と監督が言うと思いますが、多井さんの発言力が強くなるのかな、と勝手に想像しています。今までは、藤田さんの意向を尊重していて、藤田さんが言うことに対しては「ノー」とは言わない。

 今のところ、塚本監督は選手の雰囲気を聞きたがっている感じのコメントを私たちにしてくれているので、間合いを計ってくれているというか。監督自身もまだ考えている最中なのかな、という印象です。

 でもABEMASはみんな、主張が強いので。多井さんが良い意味で監督のポジションを取るわけではないですが、指揮官にはなっていくのかな。

-ムードメーカーの日向選手はそういう意味で間に入る役割を求められている。

日向 私はご飯粒みたいな感じ(笑)。みんなを接着する役割だと思います。シーズンが始まると、中盤以降は本当にピリついてくるので、あの雰囲気を何年も味わっているから、「またあれが始まるのか…」という気持ちもあります。

-慣れはしない。

日向 慣れてはいるとは思います。初年度はいっぱい泣いて辛かったし、大変だったな、と。一方で「麻雀プロをやってるな」と、ありがたみも身に染みていました。良いことばかりではないですが、今期も頑張りたいと思います。

-昨期は優勝した。目標はあるのか。

日向 ありますよ。まず、どのチームも優勝してからファイナルに行っていないし、ずっとファイナル進出を続けているのはABEMASだけなので、それを崩すわけにはいかない。明確な目標はありますが、個人的には、来年は10チームになると思っているので、また変化していく中で、私も適応していかなければならないというプレッシャーは感じています。

 その上で今期もチームメイトを信じて戦う姿勢を崩さず、しっかり連覇に向けてコツコツと。まずはレギュラーをしっかり突破していきたいと思います。

-個人としては昨期、レギュラーシーズンでしっかりとプラスを叩いた。

日向 結果が出て欲しい気持ちはもちろんあるんですけど、個人戦とは思っていないから、チームで補い合っていきたいですね。みんなでプラスにして、誰かが辛くても支え合って。そしてセミ、最後はファイナルと、毎年やっていることを、続けていきたいです。チーム内の距離感も今はいいと思いますが、監督が代わって、またどういうバランスになるのか。まだわからない部分がありますけど、この先が楽しみです。

-藤田前監督から何を学んだ。

日向 まず、藤田さんに会って印象的に残っているのが、すごい立場の方なんですけど、謙虚で全く偉ぶらないんです。良い意味で麻雀が好きなおじちゃんで、すごく真剣に麻雀に取り組んでいる。

 最強位を取っている実績は本当にすごいことで、麻雀の本質も理解していらっしゃるし、ゲームにおいてもプレイヤーとしての脳も長けている。なので、選手たちのやっていることを理解してくれるし、結果がどうであれ、良いところを見つけてくださるんですね。

 私がラスを引いてしまっても、その中で何が良かったとかを、しっかり見てくれているんです。あんなにお忙しい方なのに試合の時は「結果は送らないでください。僕は今、会食をしているけど、家に帰ったら君たちの試合をフルで追っかけ再生するから」と。そんな風にいつも気にかけてくれるんです。そうやって麻雀のことも愛してくれているからこそ、Mリーグも大事にしてくれる。本当に尊敬するところが多い方です。

-出会えたことが大きかった。

日向 藤田さんが麻雀好きじゃなかったら、私は絶対に出会えていないですから(笑)。最近はお馬さんの活動も活発なので、私たちを馬に例えたりしていたんです。ユーモアのある方なんですよ。だからこそ周りにたくさんの人がつくんだなって。

-「熱闘!Mリーグ」では日向選手の娘が登場した。

日向 4歳です。Mリーグのことも理解していますし、家の中にABEMASグッズや写真を大量に飾ってあるので、常日頃から接していますよ。小林剛さんに会った時も「パイレーツの剛さんだ!」とわかっていました。この前は、家に村上淳さんが来たら「ずんたんだ!」と(笑)。ママが麻雀の仕事をしているということも理解していて、すごく応援してくれています。私がMリーグに入った時は、生後半年だったので、Mリーグと共に大きくなりましたね。麻雀キッズになっていくのだろうなと。本当にかわいいので、私も成長が楽しみです。

-ユニフォームが大きく変化した。

日向 本当ですよね。似合っていますか?「海外のサッカーのチームみたいだね」とは言われます。黒と金が減って茶色が増えました。「なんでやねん」みたいな(笑)。でもたぶん、あと何回か着たら見慣れるんだろうな。

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズンを戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。さらに上位4チームがファイナルシリーズに進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】Mリーグ2023-24シーズン 開幕直前インタビュー
【映像】Mリーグ2023-24シーズン 開幕直前インタビュー
【映像】Mリーグ2023-24シーズン 開幕直前インタビュー

Mリーグ 配信情報まとめ
Mリーグ 配信情報まとめ